blog

メープルシロップ香る フレンチトースト

はじめに

先日開催したコボト パン茶会(pan chakai)。
そこで参加された方が、普段どうやってハード系のパンを楽しんでいるかを紹介してくださったので、その情報やレシピを記事にまとめて、多くの人とシェアしていきたいと思います。

レシピ記事はブログの「マリアージュ・レシピ」というカテゴリーに投稿していく予定です。
マリアージュとは、フランス語で結婚のことを言いますが、転じて、お互いの味を高め合う、絶妙に調和した状態のことを言います。

メープルシロップ香る フレンチトースト

材料

・バゲット(3cm厚さ程度に切っておく)

(A)
・牛乳50cc
・生クリーム50cc
・卵 1個
・砂糖 大さじ1
・塩 ひとつまみ

・バター 適量
・メープルシロップ 適量
・粉砂糖 無くてもOK

作り方

⑴(A)をボウルに入れて、泡立て器で混ぜる

⑵ 深さのあるトレイなどにバゲットを並べて、
⑴を注ぎ入れ、30分程度置く。

⑶ フライパンにバターを入れて、弱火で熱し、溶けたらバゲットを並べる。

⑷ しばらく触らず、焼き色がついたらトングなどでひっくり返して、両面こんがり焼く。

⑸ 皿にとり、お好みでメープルシロップと粉砂糖をかける。

2018-06-28 | Posted in マリアージュ・レシピComments Closed 

 

クレジットカード・電子マネーの取り扱い(Airペイ)を開始します

クレジットカード・電子マネーの取り扱い(Airペイ)を開始します

先日、決済サービス「Airペイ」の審査が全て完了しましのたで、coboto bakeryショップでクレジットカード・電子マネーの取り扱いを開始します。
実際にショップで利用開始する日は、SNSで告知させていただきます。

さて、Airペイ導入の理由から、審査で見られるポイントなどをまとめましたので、ご関心ある方はどうぞー。

はじめに

「あー、今日は手持ちが少ないから、買うのはやめとこー。」
「1円が増えてきたから、1円を8枚出したい。だけど、お客さんが並んでるし、1円がなかなか出てこないし、超焦るわー。」
っていうのが嫌なので、プライベートではほぼクレジットカードか電子マネーで支払っています。

手持ちの現金額を気にする必要はないし、小銭がじゃらじゃら増えて鬱陶しく感じることもない。

ショップを立ち上げるにあたり、現金払いによる負担をお客様にかけたくなかったので、なるべく早くキャッシュレス・ショップにしたいと思っていました。
ショップ経営側からしても、現金を扱うリスク・負担はかなり大きいですしね。

Airペイとは


キャッシュレスショップを実現するために選んだ決済サービスが「Airペイ」です。
Airペイは、リクルート社が開発しているサービスで、iPadなどのモバイルデバイスとカードリーダー1台さえあれば、クレジットカードから電子マネーまで対応できます。

Airペイを選んだ理由は、モバイルPOSレジシステム「Airレジ」とシームレスに連携できるから。レジ業務と決済業務は一連の流れで行うので、ここは重要だと考えました。

Airペイの対応ブランド

クレジットカード:VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover
電子マネー:iD、QUICPay、交通系電子マネー(ICOCA、Suicaなど)

Airペイの審査

お店を立ち上げたばかりの個人店。
クレカや電子マネー決済の審査は実績がないと厳しいと聞いていたので、審査落ちるかなーと思ってましたが、上記のAirペイの対応ブランド、全て審査は通りました。
その審査においては、ショップのウェブサイト上で下記の項目を細かくチェックされていました。
・取扱いの商品・価格、販売方法が確認できること
・ショップの住所、電話番号が確認できること
などなど。

ウェブサイトを持っていないと審査にもっと時間がかかっていただろうし、最悪審査に落ちていたかもしれません。やっぱりオウンドメディアの作り込みは大事ですねー。

まとめ

日本はアメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国などに比べて、キャッシュレス化が著しく遅れているそうですが、それでも少しずつはキャッシュレスに進んでいくでしょう。
そうした中、お客様にスムーズにお買い物をしていただくためには、現金以外の決済方法をとれるようにすることは必須だと思います。
そのためのインフラは少しずつ整ってきており、個人店においても導入可能ですので、利用しない手はないと思います。

2018-06-14 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

コボト パン茶会(pan chakai) を開催します

コボト パン茶会 を開催します

はじめに

coboto bakeryの主役は、小麦や酵母の風味が味わえるハード系のパン。
ショップで販売していても、「ハード系のパンってどうやって食べたらいいんですか?」とよく聞かれて、オススメの食べ方を紹介するようにしています。
そして、ふと、「パン好きの皆さんは、ハード系のパンをどうやって食べてるんだろう。パン好きの人たちで集まって、いろいろ聞いてみたら楽しいかも」と思いました。
ってことで、お茶でも飲みながら、ハード系のパンの楽しみ方をシェアして、パン好きのつながりを広げていくイベント「コボト パン茶会 を開催します〜。

イベント概要

日時:2018年6月26日(火)一部10:00 ~ 12:00 二部14:00 ~ 16:00
場所coboto bakeryショップ
定員:各回 8名くらい
参加条件:パン好き(特にハード系のパン)の方、ハード系初心者だけど興味ある方、パン好きのつながりを広げたい方、ブログなどで写真アップされても大丈夫な方などなど
参加費:2,000円(カンパーニュやコンプレノアなどのハード系のパン、コーヒーなどのドリンク代含む) 当日、お支払いくださいませ。
お申し込み方法
cobotoサイトのContactページからお申し込みください。
その際、件名は「パン茶会 申し込み」とし、お名前、住所、携帯電話番号、どちらの時間帯に参加希望かの記載もお願いします。
受付完了のお返事をして、参加確定になります。
またお車で来られる方は、その旨も記載くださいませ。駐車場の台数が限られていますので、満車の場合は近隣のパーキングをご利用ください。

パン屋業務でお返事が遅くなる可能性がありますので、ご了承くださいませ。

楽しみ方のシェアについて


気軽に楽しめる方法のほうが、ほかの皆さんにも試してもらいやすいかと思います。
塗っても、挟んでも、何でもあり。
こうやってハード系のパンを楽しんでるよっていうのをシェアしてくださいね。
パンの温めなどが必要な場合は、cobotoショップのオーブンをご利用いただいても大丈夫です。
まだハード系初心者の方は、とりあえず参加するってのでも大丈夫です。

キャンセルポリシー

開催日2日前から 100% のキャンセル料が発生します。

2018-06-12 | Posted in イベント・出店などComments Closed 

 

プチパンセット(6月12日発送)の予約を開始します

プチパンセット(6月12日発送)の予約を開始します


雨予報が増えてきましたねー。
小麦の収穫は、この雨の合間を狙って一気に行わないといけないので、小麦農家さんは大変な時期になります。
ナカツカサファームさん、シバタファームさん、がんばってくださいませ。
先日、小麦畑ツアーに参加した方々から「初めて小麦を作る現場を見れて感動しました。ありがとうございました」と感想をいただきました。
生産者さんのことを知ってもらえる機会、今後も増やしていけたらと思ってます。

さてさて、来週6月12日、クラウドファンディングの発送とあわせて、プチパンセットを発送したいと思います。よろしくお願いします。

発送について

2018年6月12日に発送します。
商品の代金の他、地域別送料、クール便代を頂戴致します。
気温が高くなって来ているので「冷凍便」で発送します。

食べ方について


冷凍状態のパンを常温、もしくは冷蔵庫で解凍した後、焼き直してお召し上がりください。
大きいパンは、食べやすい薄さにスライスしてから焼き直してくださいませ。

数日以降にお召し上がりの場合は、パンをスライスしてラップに包み、ジッパー付き保存袋に入れて冷凍します。
食べる分だけ、室温で自然解凍してから、トーストしてお召し上がりください。

時間指定について

発送はヤマト運輸で行いますので、ヤマトの時間指定が選択できます。
午前中、14~16時、16~18時、18~20時、19時~21時
の「5区分」のうち、ご都合のよい時間帯を備考欄にご記載くださいませ。

メール設定について

ご注文頂いたと同時にまずお客様にBASE(ショップ管理会社)から自動返信メールが送られますので、携帯でフィルターの設定をされている方は、下記メールを受信できるようにお願いします。
noreply@thebase.in

パンの種類


◯コンプレ・ノワ(ハーフ):ローストしたくるみをたっぷり詰めこんだ、食事に合わせやすい全粒粉のパン。
◯湯種の全粒粉山食(ホール):湯種でもちもちの食感にした、全粒粉入りの山食です。
◯長時間熟成のバゲット:低温度でじっくり熟成させたバゲット
◯カンパーニュ・レザン:全粒粉生地にたっぷりのレーズンを散りばめた、噛むほどに味わい深い
◯メランジェ:たっぷりのドライフルーツをバゲット生地に合わせて、じっくり焼き上げました
◯パン・オ・ショコラ:クロワッサン生地にビターなショコラを包んで焼き上げました

(予告なくパンの種類が変わる場合もありますが、ご了承くださいませ) 

【ご予約方法】
ご予約はウェブショップ(BASE)で承りますので、下記リンクをクリックしてください。
Web Shop(外部サイト BASE)へ

2018-06-06 | Posted in パンについてComments Closed 

 

Farm Visit ナカツカサファーム2018 のご報告

Farm Visit ナカツカサファーム2018 のご報告

はじめに

5月30日、天候はかなり不安定でしたが「Farm Visit ナカツカサファーム2018」を決行しました。
ナカツカサファームさんは、兵庫県豊岡市で有機小麦を作る生産者さんで、coboto bakeryではナカツカサさんの小麦をメインに使用させていただいています。
cobotoショップのスタッフやお客さんのほか、パン屋さんや農家さんなど、13名の方が参加してくれました。

内容


小麦畑に移動してから、ナカツカサファームさんが小麦づくりのポイント、オーガニック栽培の難しさなどについて、いろいろ説明してくださいました。
そのあとは、野菜作りにおける土の考え、小麦の選別・製粉作業についてなども、細かく教えてくださいました。

小麦は身近な生産物ですが、生産者さんのところ足を運べば、その生産にかけるこだわりや手間の多さにいつも圧倒されます。
「生産者さんはここまで手間暇かけ、様々な困難を超えて小麦を作ってくれているのか」と。
こだわりをもった生産者の畑を見れば、小麦の価格が高い・収量が少ないなどの表面的なことを口にするのがナンセンスで、ただただ感謝の気持ちしか湧いてこないです。

パンの作り手である僕は、生産者が一生懸命育ててくれた小麦を、その素材が生かされるパンにして、たくさんの方に食べてもらう。
それに集中したいと思います。

ということで、ナカツカサファームさん、ありがとうございました。
参加された皆さん、おつかれさまでしたー。

2018-05-31 | Posted in イベント・出店などComments Closed 

 

coboto 2018年6月スケジュール

coboto 2018年6月スケジュール

もう6月っ。お店を立ち上げてから、時間が過ぎるのが早過ぎですね・・・。
今月、関西は小麦の収穫月ですよー。
昨日5月30日はFarm Visit ナカツカサファーム2018(小麦畑見学ツアー)でした。報告記事は別途アップしたいと思います。時間があれば、別の方の小麦畑にも足を運んでみたいなと。

スタッフの募集について

先月から引き続きですが、以下のスタッフを募集しています。
よろしくお願いします。

(1)毎週金曜日にレギュラーで入っていただける方
時間:9:00 ~ 17:00くらい
(2)パンの仕込みを中心に担当していただける方
時間:9:00 ~ 16:00くらい(金曜日〜日曜日)

概要はオープニングの時に書いたものと同様です。

ご興味ある方は、ウェブサイトのメールフォームfacebookページのメッセージでご連絡くださいませ。

2018年6月スケジュール

ということで、6月のスケジュールですが、先月に引き続き、土日月曜日のみの営業とさせていただきます。金曜日はスタッフが見つかり次第、営業に切り替えたいと思います。

2018-05-30 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

Airレジ使用レビュー 導入からオススメポイントまで

Airレジ使用レビュー 導入からオススメポイントまで

はじめに

Airレジを使い始めて2ヶ月が経ち、お店をやってる方からの質問も多いので、Airレジの使用レビューをざっくりまとめてみました。
レジなんて、従来型のガチャレジでいいじゃんって言う方もいるかもしれませんが、2019年には軽減税率制度が導入される予定なので、レジ対応は早めにしたほうがいいですよっ。

Airレジとは


Airレジは、iOSが搭載された端末(iPadかiPhone)を使って利用するPOSレジアプリで、リクルートライフスタイル社が開発しています。
ちなみにPOSレジとは、「Point Of Sales」の略で、販売情報を管理するシステムを搭載したレジのことです。

Airレジ導入のコスト

Airレジを導入するコストですが、coboto ショップでは、プリンター付きキャッシュドロアが約6万円、iPad が約4万円、あとは消耗品だけなので、合計約10万程度ですみました。Airレジアプリ自体は、App Store からダウンロードでき、初期費用、月額使用料金ともに0円です。

大手のPOSレジなら、初期費用が50万以上、月額使用料金も数万円とかが多いので、Airレジがコスト的に圧倒的優位なのが分かりますね。

導入にあたり必要なこと

Airレジは、Wi-Fi環境での利用が推奨されています。その際に便利なのが、「ショップ内と外出先で快適にWi-Fiを使う方法」の投稿で紹介したモバイルWi-Fiルーターです。

これさえあれば、屋外イベントでもAirレジをWi-Fi環境で利用できるし、出店が多い方にはオススメですっ。

補助金制度が利用できる

これはAirレジに限った話ではないですが、軽減税率制度に対応したレジの導入・回収費用は、補助金の対象になります。
軽減税率対策補助金については、「「軽減税率対策補助金」の期限が延長されました」」で既述していますので、参考になさってくださいませ。補助率が高いし、利用しない手はないでしょう。

操作は簡単


Airレジの操作自体はとても簡単で、スマートフォンの操作に慣れている方であれば、すぐに対応できるでしょう。
商品登録や領収書印刷、レジ締めもすぐに覚えられると思います。

経理処理が自動で処理可能

Airレジをクラウド会計ソフトと連携させれば、売上データが自動的に「freee」に取り込まれるので、経理処理が自動化できます。売り上げ金額をいちいち入力する手間が省けて便利ですね。

Airペイとのシームレス連携が可能

Airレジは、クレジットカードや電子マネー決済が利用できる『Airペイ』と連携し、データ管理がシームレスに行えます。『Airペイ』はAirレジと同様、リクルート社が開発しているサービスで、クレジットカードや電子マネー、Apple Payでの決済を可能にすることができます。
先日各種クレジットカード、電子マネーの審査が終了した旨メールがありましたので、実際にショップへ導入する際には告知させていただきますね。

まとめ

Airレジを利用すれば、ショップデザインもすっきりするし、費用も抑えられて、操作方法も簡単。
なおかつ、クラウド会計ソフトとの連携も可能で、キャッシュレス化の流れにも対応できます。
ということで、cobotoショップのように規模の小さい個人店で、クラウド会計やキャッシュレス化による経営の効率化を図りたい方には、Airレジは超オススメですよ。

2018-05-24 | Posted in ウェブ・デザイン・写真Comments Closed 

 

プチパンセット(5月22日発送)の予約を開始します

プチパンセット(5月22日発送)の予約を開始します


来週5月22日、クラウドファンディングの発送とあわせて、プチパンセットを発送したいと思います。(ウェブショップの更新、けっこう久しぶりで少し手間取りましたが)
よろしくお願いします。

発送について

2018年5月22日に発送します。
商品の代金の他、地域別送料、クール便代を頂戴致します。
気温が高くなって来ているので冷凍便で発送します。

食べ方について


冷凍状態のパンを常温、もしくは冷蔵庫で解凍した後、焼き直してお召し上がりください。
大きいパンは、食べやすい薄さにスライスしてから焼き直してくださいませ。

数日以降にお召し上がりの場合は、パンをスライスしてラップに包み、ジッパー付き保存袋に入れて冷凍します。
食べる分だけ、室温で自然解凍してから、トーストしてお召し上がりください。

時間指定について

発送はヤマト運輸で行いますので、ヤマトの時間指定が選択できます。
午前中、14~16時、16~18時、18~20時、19時~21時
の「5区分」のうち、ご都合のよい時間帯を備考欄にご記載くださいませ。

メール設定について

ご注文頂いたと同時にまずお客様にBASE(ショップ管理会社)から自動返信メールが送られますので、携帯でフィルターの設定をされている方は、下記メールを受信できるようにお願いします。
noreply@thebase.in

パンの種類


◯自家製粉のカンパーニュ(ハーフ):無農薬の小麦を自家製粉したカンパーニュです。小麦は無農薬で栽培しているものを選び、石臼で製粉した全粒粉を使っているため、栄養価が高く風味も豊かです。(生地量 430g)
◯コンプレ・ノワ(ハーフ):ローストしたくるみをたっぷり詰めこんだ、食事に合わせやすい全粒粉のパン。
◯カンパーニュ・ショコラ(ハーフ):全粒粉ベースの生地に、ココアやカカオ分の高いチョコレート、くるみを入れた贅沢なカンパーニュ
◯湯種の全粒粉山食(ホール):湯種でもちもちの食感にした、全粒粉入りの山食です。
◯コンプレ・フィグ:いちじくとクリームチーズを全粒粉生地で包んだパン
◯自家製酵母のクロワッサン:自家製酵母が特徴のクロワッサン
◯全粒粉のシナモンロール:全粒粉の生地で、ダマンドクリームとシナモン、カレンツを巻いた食べ応えのあるシナモンロール

(予告なくパンの種類が変わる場合もありますが、ご了承くださいませ) 

【ご予約方法】
ご予約はウェブショップ(BASE)で承りますので、下記リンクをクリックしてください。
Web Shop(外部サイト BASE)へ

2018-05-17 | Posted in パンについてComments Closed 

 

湯種食パンがモチモチの食感になる理由

湯種食パンがモチモチの食感になる理由

はじめに

coboto bakeryのなかで、最も高いリピート率を誇るのが「湯種食パン」です。(一番売りたいのは、全粒粉がたくさん入ったハード系ですが、これは時間をかけて提案していけたらなーと。)
食パンだけ1日に二回焼き上げるようにしていますが、お一人で複数購入される方が多いので、早々に完売します。

「湯種」って初めて聞いたというお客さんが多いので、「湯種」について簡単にご説明しますね。

湯種の食パンの原材料

「湯種の食パン」の原材料は、小麦、酵母、甜菜糖、塩のみと、非常にシンプルです。
巷で流行ってる食パンのように、バターやマーガリン、生クリームなどの副材料を使って柔らかい食感を出してるわけではありません。
ハード系のパンや食パンは、お食事に合わせてもらうものとして捉えているので、材料はシンプルにしたいです。

デンプンの糊化、α化


では、モチモチした食感はどのようにして生み出しているのか。
それは湯種製法という、デンプンの糊化(コカ)という性質を利用しているからです。
パンを作っている人は、ご存知の方が多いと思います。

デンプンは加熱と加水によって性質が変化しますが、一定の温度以上になると、ドロドロの糊状に変化します。これをデンプンの糊化(アルファー化)と言います。
作り方は簡単で、熱湯に近いお湯を小麦と合わせることで、湯種を作ります。
これを生地に練り込むことで、生地の吸水率が上がり、独特なモチモチ感を生み出すことができるというわけです。
この糊化という性質は、小麦のデンプンのみにある性質ではなく、米にも当てはまるので、米粉パンにも利用されているようですね。

湯種のデメリット

湯種のデメリットとしては、生地がかなりベタベタするので製パン性が落ちること。分割や成形で苦労すると思いますよー。
あと、加熱する際に小麦のタンパク質が変性してしまうので、グルテンの力が弱くなり、結果として、腰折れ(ケーブイン)しやすくなってしまうことなどが挙げられます。
また、焼き上げたパンも、もちもち感が維持されるので、薄くスライスするのがかなり難しくなります。

湯種の食パンの食べ方

湯種の食パンの食べ方ですが、強めにトーストしてしまうとせっかくのモチモチした食感が失われますので、軽くトーストしてお召し上がりくださいね。
厚めにスライスした生地でつくるサンドイッチもオススメですよ。

2018-05-15 | Posted in パンについてComments Closed 

 

ショップ内と外出先で快適にWi-Fiを使う方法

ショップ内と外出先で快適にWi-Fiを使う方法

はじめに

「ショップや事務所、外出先でも、Wi-Fiを利用したスムーズな仕事をしたい。」
そう思っている方は多いんじゃないでしょうか?
coboto bakeryのお店でMacやiPadを使って仕事をしていると、ネット環境について聞かれることもあるので、cobotoショップの事例をご紹介します。

cobotoショップでは、モバイルレジ(Airレジ)や勤怠管理アプリを使うためにWi-Fi環境を作っています。
(Airレジアプリは、Wi-Fi環境での利用が推奨されています)
ショップや事務所内だけなら光回線で良いかもしれませんが、外出先でWi-Fiを使った講座を主催したり、クラウドのデータを呼びだしたりするので、持ち運びできるモバイルWi-Fiルーターを利用しています。

どんなモバイルWi-Fiルーターを選べば良いか

では、どんなモバイルルーターを選べば良いでしょうか?
僕の場合、店にいるときはWi-Fiにつなぎっぱなしなので、大容量のデータを使えて、なおかつ価格が安いモバイルルーターを選びました。
そのほかの条件として、契約期間の縛りが無いこと、違約金がかからないことを条件にしました。複数端末での同時接続や、機器到着後すぐ利用可能という条件は当たり前なので、省きます。

モバイルルーターの比較


モバイルルーターもいろいろありますが、僕が比較したのは有名どころのBroad WiMAX、数年前から話題になっているFUJI Wifi、それとNOZOMI WiFiです。3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)は、容量データが少なかったり、料金が高かったり、縛りがあったりで、検討するまでもないかなーと思って度外視しました。

Broad WiMAXのギガ放題プランは、毎月3,411円で、月間データ量の制限はなし。端末スペックも申し分ないんですが、契約期間の縛りがあって、違約金も結構高いっ。
https://wimax-broad.jp

次にレグルスという会社が提供しているFUJI Wifiです。FUJI Wifiは、ソフトバンク回線を利用したモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスを行なっています。
気になる料金ですが、50ギガプランで月額 3,100円(税別)、100ギガプランでも月額 3,800円(税別)とかなり安い。しかも契約期間の縛りがなくて、当然違約金も無い。そりゃ話題になりますねー。
http://www.biz.fuji-wifi.jp

最後にNOZOMI WiFiですが、これは、株式会社フェティアが提供しているモバイルWiFiルーターのレンタルサービスで、ソフトバンク回線を利用しています。FUJI Wifiと似ていますね。100ギガプランで月額 3,480円(税別)。これも、かなり安いですねー。
http://nozomi-wifi.net

まとめ

結果として、僕はFUJI Wifiの50ギガプランを選びました。SIMカードはルータと一緒にレンタルするので、別途用意することはありません。
選択の理由は前述の通り、大容量のデータを使えて、契約期間の縛りが無いこと、参考になる情報が多いこと。店作りと並行だったので、あまり細かいところまで比較しませんでしたが。

実際使用しての感想ですが、ショップ内でも外出先でも快適にWi-Fiを利用できています。なんせ50ギガなので、容量も気にせずYouTubeの音楽を流せるし、先日の出店時のように、外出先でAirレジを使った販売もスムーズに行えました。
なので、今のところFUJI Wifiで全く問題ないです。
ショップ経営されている方やモバイルレジを検討されている方、外出先でYouTubeなどの動画を視聴したい方、一度検討してみてはいかがでしょうか?

2018-05-11 | Posted in ウェブ・デザイン・写真Comments Closed 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 39