blog

飲食店のコロナ対策(ECサイトの活用)

飲食店のコロナ対策(ECサイトの活用)

はじめに


悲しい事件もありましたが、3日間の営業も無事に終了しました。ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

さて、新型コロナウイルスについて、また新たな局面に入って、より緊張感が増してきました。飲食店経営者と会うと、この話題ばかり。
当初は楽観論と悲観論の中間あたりのシナリオで進行するのかなぁと思ってました。が、現実は最も悲観的なシナリオで進行しています。
欧米では感染爆発が起こり、飲食業界はイートインが禁止され、テイクアウトやデリバリー、EC販売のみが可能という状態。時間差で日本も同じ状況になると言われています。
違う点は、日本では特措法による緊急事態宣言が出されたとしても、あくまで外出自粛要請(という名のほぼ命令)。それにおける売上減少があったとしても、国の補償は期待できないということ。
そして怖いのは、この感染拡大を抑え込むために、一年間ほどはこのような自粛要請が続くと見られています。

何も対策をとらなければ、多くの飲食店や事業者はキャッシュがまわらず倒産してしまうので、各自で早めに対策を考えるしかなさそうです。

デリバリーについてはUberEatsなどが考えられますが、姫路地域ではまだ開始されていないので難しそうです。そのほかの販売方法としてEC(ネットショップ)がありますが、その開設・活用方法について聞かれることも多いので、ざっとまとめてみました。

保健所の営業許可証

飲食物を販売したい場合、保健所の営業許可を取得する必要があります。これはECに限らず、実店舗やマルシェで販売する場合もそうですね。
何を販売するかによって許可の種類が変わります。パンやお菓子は「菓子製造業」、食品調理なら「飲食店営業」の許可がそれぞれ必要。
うちのように調理もするし、パンも作る場合は「菓子製造業」と「飲食店営業」、二つの許可が必要になります。現在レストランを経営されてる方で、今後ECも取り入れてお菓子なども販売される場合は新たに「菓子製造業」の許可を取得しないといけません。
必要書類などの詳細は、地域の保健所に確認しましょう。

姫路市(食品営業許可について)

食品衛生責任者証

営業許可証は製造「施設」に対する許可で、一方「食品衛生責任者証」は「人」に対する許可になります。
こちらは地域の食品衛生協会の講習を受講することで、取得できる資格です。講習日程などは食品衛生協会に確認しましょう。
しかし新型コロナウイルス感染拡大を受けて、しばらく講習も開催されないようです・・・。どうなるんだろ。

食品衛生責任者認定講習会のお知らせ(姫路市)

ECサイトのコスト


coboto bakeryでは「BASE」というネットショップサービスを利用しているので、そちらを前提に記載します。
無料ウェブショップサービスの比較については、数年前に書いたこちらの記事をどうぞ。
無料ウェブショップサービスの比較
「BASE」のコストですが、サイト立ち上げについては無料、月額料金も無料です。
負担コストは、商品が売れたときの決済手数料(3.6%+40円)、サービス利用料(3%)、振込手数料(250円)です。
そのほか、発送用の消耗品資材(段ボール、パン袋など)の梱包にかかる人件費などを考えておきましょう。

ECサイトのメリット

商圏が狭くなるテイクアウトやデリバリーと違い、ECサイトは日本全国まで商圏が広がります。もちろんそのためには、SNSなどによるマーケティングが必要になってきますが。

顧客のデータ管理・お問い合わせ対応

僕がECサイトを運営するうえで一番悩ましいのが、顧客のデータ管理とお問い合わせ対応です。パン屋はかなり労働時間が長く、お店にいる時間が長すぎるので、お客様のお問い合わせについて、返事がどうしても遅くなってしまいます。
顧客のデータ管理も時間がかかってしまいますが、僕は「BASE」からデータをCSV形式で吐き出して、ヤマト運輸の送り状発行システムに取り込んでます。これでデータ管理の事務が少しは効率化します。

さいごに

新型コロナウイルスの感染速度はすさまじく、欧米ではたった2週間程度で感染爆発・都市封鎖まで行われ、街の様子が一変したそうです。
日本も4月に入ると就職や入学に伴う大移動が行われ、感染拡大は避けられないでしょうし、たった数週間で一気に空気が変わると予想されます。
その前に少しでも対応策を考えておいた方がいいと思いますし、東京などで動きの早いお店は新しい販売方法を模索し始めました。
小さいお店の経営者はかなり不安な日々を送っておられると思いますが、応援してくれるお客様もたくさんいらっしゃいます。
皆で知恵を共有して、この緊急事態を乗り越えましょう。
僕で何かお役に立てそうなら、声をかけてくださいませ。

2020-03-31 | Posted in 生き方・ビジネス・食Comments Closed 

 

パンにおける「酵母」について整理してみました

パンにおける「酵母」について整理してみました

はじめに


先日、堀江貴文さんがTwitterで「遺伝子解析もせずに自然酵母を使ってるクラフトビールとかビオワインとかも危ない。エタノール以外の怪しい副産物を生成してる可能性大。自然酵母パンもそうなんだけどまああれは焼きがはいるので怪しい成分は飛んでるのでまあ平気だろうけど笑。」というTweetをされていました。(2020年3月23日のTweet)
酵母については、お客様からの時々質問されることもあるので、パンにおける酵母についてざっくり整理してみようと思います。

酵母とは

まず、パンとは「小麦、水、塩などの材料を、酵母によって発酵させ、焼いたもの」ですが、その酵母については様々な名前で呼ばれています。イースト、天然酵母、自然酵母、発酵種などなど。その呼び名が多すぎるので、消費者の方にとってはややこしいんですよね。
では、酵母とは一体なんでしょう。

酵母とは「カビ」や「細菌」と並んで、発酵において重要な役割を担う微生物の一種です。
酵母を英訳するとイーストなので、酵母とイーストを区別する人もいますが、別物ではありません。
また酵母は数百種類存在し、いくつかの「属」「種」にカテゴライズされています。その中でもパン酵母やビール酵母などは、「サッカロミケス属(Saccharomyces)」「セレビシエ種(cerevisiae)」に位置付けされます。舌を噛みそうになりそうになりますが、呪文のように何度も口ずさむと覚えられます。サッカロミケス・セレビシエ、サッカロミケス・セレビシエ、サッカロミケス・セレビシエ・・・。

市販の酵母(イースト)ってどういうもの?

市販されている酵母には、ドライイーストや生イーストなどがありますが、これは自然界に存在するパン酵母を純粋培養したものです。
なので、市販されているイーストは人工的に作られたもので、体に悪いものっていう意見は間違いです。

「天然酵母」という言葉が生む誤解


「天然」酵母って聞くと、「人工」酵母っていうものも存在していて、「天然」酵母のほうが体に良さそうっていうイメージ、持ちませんか?
ですが、上記の通り市販のイーストは「人工」酵母ではないですし、いわゆる市販の「天然酵母」における酵母と市販のイーストにおける酵母は、どちらも自然界に存在するサッカロミケス・セレビシエの酵母なので、両者は同じものです。
また酵母菌という表記もよく目にしますが、これは酵母と細菌(乳酸菌や酢酸菌など)をごっちゃにした言葉で、この呼び方も適切じゃないでしょう。

「発酵種」とは

一方「発酵種」とは何かというと、サッカロミケス・セレビシエの酵母以外に、様々な微生物(主には乳酸菌)から成り立っているものをいいます。フランス語で「ルヴァン」と言われるものは、サッカロミケス・セレビシエの酵母と乳酸菌がバランスよく共生している種のことをいいます。そのうち、堅い生地の状態を「ルヴァン・デュール」、液状の状態を「ルヴァン・リキッド」といいます。
なので、発酵種やルヴァンのことを天然酵母や自家製酵母と呼ぶのも、適切じゃないというのが分かると思います。

「発酵種」のメリット、デメリット(危険性)

coboto bakeryでは市販の酵母(イースト)と「発酵種」を併用しています。発酵種における酵母(イースト)と市販の酵母(イースト)は同じものという話をしましたが、じゃあなんでどっちも使ってるの?っていう話ですね。
それはサッカロミケス・セレビシエのパン酵母単体では期待しづらい、乳酸菌による香味成分など、発酵種を使う方が複雑な風味を出せるからです。
また、乳酸菌は小麦に含まれるタンパク質(グルテン)を分解し、旨味成分であるアミノ酸も生み出しますし、それは同時に人間の消化吸収にも一役買ってるすごい存在なんです。

一方「発酵種」のデメリット(危険性)については、発酵学の第一人者である小泉武夫さんもいわゆる天然酵母ブームについて指摘されていますが、花や果実から酵母を自家培養することは、有害な菌かどうかも分からない微生物を身体の中にいれることにもつながるので慎重にしたほうが良いということです。
「発酵種」で大事なのは酵母と乳酸菌がバランスよく共存し、他の微生物に対して優位に立っている状態を保つことなんですね。

参考になる本など

ということで、パンにおける酵母について、ざっくり整理してみましたがどうでしたか?
僕の説明では説明不足のところも多々あると思うので、酵母を考える上で参考になる本などをざっと書いておきますので、ご興味ある方はお読みくださいませ。

『発酵―ミクロの巨人たちの神秘』小泉 武夫さん
『Bon Painへの道~ドンク 仁瓶利夫と考える』仁瓶利夫さん
『パンの世界 基本から最前線まで』志賀 勝栄さん
『ベッカライ・ビオブロートのパン』松崎 太さん
『ル・シュクレクールのパン』岩永 歩さん
『捨てないパン屋』田村陽至さん
『天然酵母表示問題に関する見解』社団法人 日本パン技術研究所所長 井上好文さん

2020-03-26 | Posted in 生き方・ビジネス・食Comments Closed 

 

3年目突入での不安と安心

3年目突入での不安と安心


この3日間の営業日も開店前からたくさんのお客様で、パンは早々に完売しました。ありがとうございました。
日中は厨房温度が20度を超えるくらいになりましたが、業務用エアコンの設置が間に合ったので、クロワッサンなどの折込み作業もスムーズにできました。(設置工事中に天井破けたけど・・・)デトランプの伸展性をもう少し上げるためにも、ルセットをちょっといじらないとダメかな。

スタッフさんに仕事を任せる重要性

さて、coboto bakeryは3月18日に2周年を迎え、3年目に突入しました。
お店をする前は周囲から半年も持たないよって言われましたが、今のところお客さんは増え続けてます。

「いつ伺っても開店直後はお客さんがたくさん並んでるし、たった2年でよくそこまで成長しましたね。」
って言われますが、きれいごとじゃなく、スタッフさんのがんばりが大きいと思います。

パン屋の仕事をざっと挙げるとルセット作り、フィリング作り、野菜・果物の下処理、計量、ミキシング、成形、焼成。そのほかにも、パンのレイアウト、発送作業、レジ、袋詰め、レジ閉め、発注事務、予約受付、掃除、会計処理、マーケティングなどがあります。
仕事はかなり多岐に渡るので、当然全部一人でできるわけはなく、スタッフさんを信頼して仕事を任せることになります。
もしスタッフさんがどれか一つでも手を抜くと、お店全体の印象が悪くなり、お客さんの信頼は二度と戻らない。

2年経った今でもお客さんが増えてるのは、やっぱりスタッフさんがそれぞれの仕事を責任持ってやってくれるようになったからだと思います。(もちろん過去にはいろんな失敗があったし、今もあると思いますが。)スタッフさん、いつもありがとう。

3年目突入での不安と安心


ということで、新型コロナウイルスによるパニックが全世界に広がってますね・・・。
欧米の様子を見てると、これから訪れるであろう未曾有の経済不況に不安を覚えます。
その一方で、それぞれの仕事のクオリティを上げていき、お客様との信頼関係をちゃんと築いていけたら、そんな危機も乗り越えられるかもしれないという安心感もあります。

3年目のcoboto bakeryもコツコツ努力を重ね、お客様との信頼をちょっとずつ築いていけたらなと思ってます。
皆様よろしくお願いします。

2020-03-23 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

「白桃とラベンダーのデニッシュ」「お持ち帰り、通販情報」

「白桃とラベンダーのデニッシュ」「お持ち帰り、通販情報」


新しいデニッシュとして、「白桃とラベンダーのデニッシュ」を出しています。白桃の上に、ラベンダーの花とローズマリーを散らしています。

ひめじとはりま「お持ち帰り、通販情報」

コロナウイルスの影響により、知り合いの飲食店でも予約のキャンセルが続いてると聞き、どうしたらいいんだろうなぁと考えています。
姫路エリアのこだわり店をまとめたウェブショップか、UberEats(ウーバーイーツ)みたいなものがあれば良いのかなぁと妄想してたら、既にてくてくひめじさんが「姫路・播磨地域のお持ち帰り、通販情報」をまとめてくれてました。
さすが行動が早いっ。こういう情報をささっとまとめてくれる方がいると、お店にとってはありがたいし、消費者としてもうれしいですねー。

以下、てくてくひめじさんからの転載です。
「てくてくひめじでは、お弁当やオードブルなどの持ち帰り、通販情報を、積極的に案内できたらと思っています。
FBとinstaでの軽めのご紹介になると思いますので、今まで紹介させていただいた方も、未紹介の方も。
いつもより気軽に店主さまからのご連絡をお待ちしておりますー。」

クラウド会計ソフト利用者のネットワーク

クラウド会計ソフト使ってる人、いませんかー?
クラウド会計ソフトがかなり普及してきてるって聞くけど、周りの事業者さんは税理士丸投げの人が多くて、情報交換できない・・・。
クラウド会計ソフトのここ数年の進化は素晴らしいし、会計・税の勉強もそこそこ面白いので、情報交換してお互いレベルアップしたいんですっ。
今後控える税の大改正「インボイス」についても、会計・税の知識があれば乗り切れるだろうし。
ってことで、クラウド会計ソフトを利用していて、情報交換できる方、是非ご連絡くださいませー。

ちなみにうちはOSはMac、クラウド会計ソフト(freee)経由で確定申告(e-Tax)しています。

2020-03-17 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

ひっそり2周年・お並びいただく際のお願い

ひっそり2周年・お並びいただく際のお願い


この3日間も、開店前からたくさんのお客様が並んでくださりました。オープンしてから2年経つのに、いまだにこんなに並んでくださるとは、ほんとありがたいことです。「最近オープンされたんですか?」って聞かれることもあるので、まだまだ知られてないってことなんでしょうけど・・・。

マスク不足を心配されて、何名かの常連様が貴重なマスクを提供してくださいましたっ。相変わらずマスクとアルコール消毒液が手に入らないので、ほんとに助かります。ありがとうございましたっ。

(お並びいただく際のお願い)

さて、新しいお客様が増えてきたので、再度のお願いです。
お並びいただく際、壁沿いにお並びいただくと隣の美容院様(lentoさん)のご迷惑になり、美容院ご利用の方が駐車する際にも危険ですので、coboto baekeryのお店に向かってまっすぐお並びいただきますようよろしくお願いします。

また、cobotoの駐車場は5台分ご用意していますが、それ以外は美容院様(lentoさん)の駐車スペースになりますので、お間違えないようお願いいたします。具体的なエリアはウェブサイトのshopページに記載していますので、ご参照くださいませ。

(そのほか)


業務用エアコンの取り付け工事、今週の定休日に行ってもらうことになったので、臨時休業は避けられそうです。朝から晩までかかるそうなので、お店でパンとお菓子の本を読み込もう〜。
エアコンの取り付けはかなりの出費ですが、クロワッサンなどの折り込み作業を安定させるためには、必要な投資ですねー。

関係ないけど、ちょくちょく読んでた「ナイスシングス(nice things.)」っていう雑誌の出版元が倒産したそうで、4月号が最後の刊になるそうです。残念・・・。

2020-03-16 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

coboto bakery もうすぐ2周年

coboto bakery もうすぐ2周年


coboto bakeryは、2020年3月18日で2周年を迎えます。
新型コロナウイルスでかなりザワザワしてるので、誰も気づいてないと思いますが。

2周年を記念して作家さんと何か作るか、昨年みたいに野菜のお裾分けしたいなぁと思ってましたが、コロナ騒動もあったりで何も考えられず。今年はひっそり2周年を迎えたいと思います。

2年も経つとお店も落ち着くかなと思ってましたが、オープン前に並んでくださるお客様がどんどん増えてる感じです。
毎週のように通ってくださる常連様や一生懸命働くスタッフさんに支えられて、無事に3年目を迎えられそうです。ありがとうございます。
あとはコロナウイルスによる資材不足が、早急に解消されることを祈るだけです。これはうちみたいな個人経営のお店は、どこも切実な問題なので、困ってるお店があればなんとか応援したいです。

(レーズンバターサンドのご予約について)

レーズンバターサンドのウェブショップ分は完売しました。
実店舗では13日(金曜)の9時から電話予約開始で、販売は翌日14日(土)から行います。よろしくお願いします。

(そのほか)

今日は料理の映画を観たり、会計の勉強したりとインプットの時間。

僕、まだ2年目のぺーぺーですけど、起業の相談をされることもちょくちょく増えてきました。
楽しいことも辛いことも、かなり濃密になるので、のんびり過ごしたい人には不向きですが、やりがいしかないので好きなことを一生追求したい人にはオススメです。
あとはものづくりと経営要素(会計、税金、ブランディング、マーケティング)を結び付けられると強いです。
強い気持ちとボランティア精神だけでは持続しないです。昔の僕がそうでした。
この数年で失敗も多く経験したので、これから起業する際の参考になりそうと思ったら、また声かけてくださいませー。

ってことで、今週も土日月の営業です。よろしくお願いします。

2020-03-11 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

レーズンバターサンドの追加販売

レーズンバターサンドの追加販売

はじめに

昨日の記事「新型コロナウイルスに対する考え、対策」、すごいアクセス数になってる。言っても、素人が情報を横断的に整理しただけ、なんですけど。

昨日の専門家会議でも言われてましたが、やっぱり新型コロナ感染って季節性のインフルエンザとは違って、暖かくなっても消えず、長い場合は半年以上感染が続くらしいですねー。気温が30度前後になるシンガポールなど東南アジアで感染が増加していることから、日本でも少なくとも初夏くらいまでは続きそうですね・・・。

長いですねー。資材不足による休業が、現実味帯びてきましたー。
そんななか、「資材が不足したら、少しお裾分けしますよー」っていう温かい声もいただきました。ありがたいです。
手持ちのマスクとアルコール消毒液で、店の営業がどこまで持ち堪えられるか、ですね。

レーズンバターサンドの追加販売


レーズンバターサンドの追加販売ですが、ウェブショップは本日から予約開始で、今週金曜日以降に発送予定です。
実店舗の販売は今週3月14日(土)から行います。ホワイトデーのお返しに是非ご利用くださいませー。

ウェブショップでのご注文はBASEで承りますので、下記リンクをクリックしてください。
Web Shop(外部サイト BASE)へ

そのほか

日中の気温が高くなってきて、クロワッサンの仕込みがどんどん難しくなってきました。エアコン工事、早く進めないとー。
で、今日は料理やお菓子の本を読んだり、新しいメニューのイメージを膨らませたり。
うちのお客様、食やものづくりに関わってる方も多く、時々メッセージをいただきます。仕込みが多すぎて、ちょっとしか話せないですが、またお店でも声かけてくださいませー。
僕もものづくりされてる方とお話しするのは、とっても楽しいので。

2020-03-10 | Posted in パンについてComments Closed 

 

新型コロナウイルスに対する考え、対策(2020/3/8)

新型コロナウイルスに対する考え、対策


この3日間は、オープン前にシャッター開けるのがドキドキでした。コロナウイルス騒動で、誰もお客さんいないんじゃないかと不安で。
結果、いつもよりもたくさんのお客さんが朝から並んでくださって、いつもより早めに完売でした。ほんとにありがたいなぁ。

ですが、テレビではコロナウイルスの脅威が連日伝えられ、姫路市内でも新型コロナウイルス感染症患者が確認されたことから、心配されるお客様は確実に増えてきました。お店を経営する立場として、何も分かりませんではダメなので、改めて当店の考えや対策について整理してみました。

考えの方向性

新型コロナウイルスについては、専門家の間でも楽観論と悲観論がありますが、現時点では分からないことが多いので、客観的な情報・知識を積み上げてから判断するしかないと思います。
致死率や重症化率、感染方法や感染予防方法など、同じくコロナウイルスとして有名なSARS、MERS、ほかにインフルエンザなどと比較してみて、パニックを起こすほどの致命的な感染症ではないけど、未知な部分もあるため、できるだけ注意した方がいいという印象です。
(厚生労働省の新型コロナウイルスに関するQ&A、国立感染症研究所や日本環境感染学会のサイトを参照)

当店の対策

飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染を避けるため、スタッフのマスク着用とお客様が触れる物(ドアノブ、トング、トレーなど)のアルコール消毒を徹底します。
厚生労働省の見解では、空気感染は起きていないと考えられていますが、「閉鎖空間」で「近距離」で「一定時間以上」いるとリスクがあるらしいので、お店に入っていただく人数を約5名様とし、お店のドアも開放させていただきます。

揚げ物を個別包装するスーパーの取り組みがテレビで放映されたらしく、「パンを個別包装できませんか?」とお客様から質問がありました。製造した全てのパン(400個以上)を個別包装するのは、スタッフさんの負担が大きすぎるため、うちみたいな小規模パン屋には厳しいかと思います。
保健所にも問い合わせ、厚生労働省のサイトでも確認しましたが、「食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は現時点で報告されていませんので、そこまでの取り組みは必要ないのではないか」とのことでした。

最後に

新型コロナウイルスそのものも怖いですが、それが引き起こすパニック状態がもっと怖いです。パニックが広がると、感染予防に必要なマスクやアルコール、紙類などが多くの人に行き渡らず、結果としてより感染が広がると思います。
で、うちのような小さいお店にはそうした必要物資が全然回ってこないので、この状態が続くと、お店も休業せざるを得ないでしょう。
僕は皆さんにたくさんのパンをお届けしたいし、不安が続く中、うちのパンで少しでも笑顔になってもらいたいと思うので、なんとかこの状態が早く改善されることを願ってます。

2020-03-09 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

デニッシュ・カプレーゼ、お任せパンセットの追加

デニッシュ・カプレーゼ、お任せパンセットの追加

デニッシュ・カプレーゼ


伊予柑のデニッシュとともに、「デニッシュ・カプレーゼ」を新しくお出ししています。イタリア料理のサラダとして定番のカプレーゼですが、「デニッシュ・カプレーゼ」もトマトやモッツァレッラ、バジルを使用しています。
デニッシュ生地は、よりパリッと感を出すため、あえて発酵を抑えています。
是非、ご賞味くださいませ。

お任せパンセットの追加


ウェブショップ内のパンセットについて、在庫を増やしました。(定期便もお任せパンセットもたくさん増やしてます)
ご注文が増えてますので、発送まで2〜3週間かかってしまいますこと、ご了承くださいませ。
お任せパンセットの内容については、以下の記事をご確認くださいませ。
http://cobotobakery.com/blog/mybread/omakasepan2019/

未来に残しておくべきもの

新型コロナウイルスの感染拡大により、友人のレストランやカフェにも影響が出てきました。
まずは自衛することが最優先だとは思いますが、未来に残しておくべきものも同時に守っていきたい。
ウイルスの流行が収まったときに、自分にとって大事なお店がなくなってたり、疲弊してたら悲しすぎる。

西宮のレストラン「野菜ビストロ レギューム」さんもその一つです。
団体様のキャンセルが相次いでいる状況を受け、お得な食事チケットを販売されています。
みんなが大変なときだと思いますが、何か協力したいなと思ったので文章を書かせてもらいました。
レギュームさんのサイト記事、是非ご一読くださいませ。

そのほか

感染リスクを避ける期間はしばらく続くでしょうし、自粛ムードがあんまり強すぎると疲れちゃいます。
なので、おいしいものを食べる、ものづくりや経営されているかたとは積極的に対話しにいくなど、楽しむことも忘れないようにしています。

あ、業務用エアコンの設置工事、近日中に行う予定なので、臨時休業などになる場合はまたお知らせしますね。
取り付け費用ってほんとに高いんですねー。
では、今週も土曜日から月曜日まで営業です。よろしくお願いします。

2020-03-04 | Posted in パンについてComments Closed 

 

ヒヨリブロートさん、せと果さんが来店してくれました

ヒヨリブロートさん、せと果さんが来店してくれました


コロナウイルスの影響でお客様も少なくなるかなぁと思いましたが、いつもと変わらず、たくさんのお客様が来店してくださいました。ありがとうございました。

お店のコロナウイルス対策について

お店では店内の混雑を緩和するため、一度に入店していただける人数を5名様とさせていただき、ドアもしばらくは開放させていただきますね。
また入り口にアルコール消毒をご用意していますので、ご協力よろしくお願いします。
キャッシュレス決済は、ご利用が多い日で5〜6割を超えてますが、現金を避ける風潮は強まるでしょうし、これからさらに増えてきそう。
ですが、マスクもアルコール消毒も手に入らないので、お店もお客様もなかなか対策とりづらいですよね・・・。
個人店の皆様と情報交換してるけど、どこも資材が手に入らなくて大変みたいです。

ヒヨリブロートさん、せと果さんが来店してくれました


せと果(seto.ka)のあきちゃんが、伊予柑やでこぽん抱えて来店してくれましたよー。発送で良かったのにわざわざ持ってきてくれました。優しいっ。
せと果さん、少しの間お休みしてたけど、活動再開してるみたいで楽しみですねー。

で、折込作業を夢中でやってたら、スタッフさんが「めっちゃ見られてますよー」って声かけてきたので、視線を横に向けるとヒヨリブロート(@hiyoribrot)のくみちゃんが満面の笑みでこっち見てるっ。
あまりの驚きに大きな声が出てしまいましたっ。
で、隣には仙霊茶(@senreicha)の野村さんっ。また大きな声が出てしまいましたっ。
超忙しいお二人もわざわざ足を運んでくれて、ほんとうれしいなぁ。優しいなぁ。

コロナあれこれ

未知のウイルスが広がって、悲しいニュースがいろいろ聞こえてきます。
誰も経験したことがないことなので、誰しも不安な気持ちを抱えてる。
不安を誰かにぶつけて解消する社会じゃなく、不安を癒し合う社会であればいいですね。そういう優しさの連鎖が広がればいいなと。
優しい友人の来店や、常連様の温かい言葉に触れて、そういうことを思ってました。

中国でのWHO調査報告書がようやく公表され、一次データの数字がいろいろ出てきました。専門家会議の会見も為になりそう。
SARS、MERSに比べると感染力はすごいけど、致死率はだいぶ低いみたいです。
前から言われてた通り、若い方のほとんどは比較的症状は軽い。
とはいえ未知のウイルスですし、中国は都市を完全封鎖して収束の方向に向かったけど、日本はそこまでしないでしょうし、用心に越したことはないですね。

パンセットの発送遅れについて

ウェブショップのご注文をたくさんいただいているので、スタッフさんにがんばってもらって、発送数を増やしているところです。が、運送会社さんがトラックにパンを置きっぱなしで、発送し忘れてたらしいです・・・。悲しい・・・。
なので、パンセットの到着にもう少し時間がかかってしまいそうです。申し訳ないです。

2020-03-02 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

1 2 3 4 5 49