blog

Coffee & Bread in PARLAND のサンドイッチ

今週6月25日 (土)はBio-labo Seedz(神戸元町)、フロレスタcodomo(大阪)、MAHO-ROBA(奈良県生駒)、めぐみカフェ(明石市)、timeblueさん(大阪天神橋)にパンの納品です。
今月からパンの納品の曜日が、日曜日から土曜日へ変更になっています。
Bio-labo Seedzさんはランチ用のパンの他、販売用のパンもありますよ。
parland062002

Wa-no×Rica~sound yoga~@ゆるん堂に来てくださった方、ありがとうございました。
Wa-noくんの生ギターにリカちゃんのヨガ、贅沢空間でした〜。
http://cobotobakery.com/blog/events/wanorica0619
wanorica04

さて、6月26日 (日)は「Coffee & Bread in PARLAND」です。
店内で食べてもらう用のサンドイッチですが、
自家製粉のカンパーニュで、右田農園さんや中務ファームさんの旬のお野菜をサンドしようかと思っています。
にんじん、玉ねぎ、ヤングコーン、レタスなどなど。
当日、ご注文をいただいてからパンをリベイクし、野菜をサンドしてから提供しますので、少しお時間をいただきます。
よろしくお願いします。

日時:6/26(Sun) 11:30から
場所:PARLAND COFFEE
〒670-0871
兵庫県姫路市伊伝居8
http://www.cafe-parland.com
http://cobotobakery.com/blog/events/coffeebreadparland
parland062001

2016-06-20 | Posted in イベント・出店などNo Comments » 

 

地方創生 最前線の現場 上勝町

kamikatu1601
物件を見せてもらうため、雨が降る中、稲美町から徳島県上勝町へ。
どこまで行くねんってツッコミ入れられそうですが、自分らしく事業が行えて、農家さんの応援ができるのであれば、何処へでも行きます。
そして、せっかく上勝行くんだから、大西さんから地方創生の話を聞きたいなぁと思い、いろいろインタビューさせてもらいました。僕のように、これから移住・起業も一つの選択肢としている方の参考になればいいなぁと思います。

大西正泰さん プロフィール

一般社団法人ソシオデザイン代表として、古民家を改装したシェアカフェやゲストハウスを作ったり、各地で地方創生をテーマにした講演をこなすなど、地方創生の最前線で動いていらっしゃいます。
ソシオデザイン:http://socio-design.net
kamikatu1600

地域創生が進んでいる地域と進まない地域

酒井:大西さんは地域全体のことを考え、他の地域に先駆けて「起業家育成」「地域再生」の取り組みを行っていますが、他の地域ではゆるキャラやB-1グランプリなど、従来の取り組みをやり続けるだけの地域もあります。地域創生の取り組みが進んでいる地域とそうでない地域、この差はどこからきてるんでしょうか。

大西:未来に対して危機感があるかどうかだと思います。なんとなく「そこそこ食べていける」、「まだ大丈夫だろう」。未来について「安心安全」を感じている人が多い地域は危機感が共有されにくい。危機感がないと、誰かがやってくれるだろう、そう思いがちです。この危機感を全体で共有できたか、そこが違いを生んでいるベースになっています。
 しかし、危機感を持てと言ってもなかなか持てません。ですので、危機感に代わる「街づくりが面白い」といったワクワク感を持てるところも、差につながっていると思います。
  また、地域のまちづくりについて、部分最適で考えるのでなく、街をどのようにデザインするのかという全体最適で戦略を描いてやっている人がいるかどうかも大事なポイントだと思います。
 ほとんどの人は一過性のイベントや自分の事業については考えているけど、地域全体の戦略は持ち合わせていないことが多いです。また、どういうふうに街づくりが戦略的に行われているか、現象だけを見て、その構造を見ていない場合がほとんどです。 そういうところは、うまくいかないことが多いです。
 しかし、戦略はなくとも、こんな街にしたいという思いがあるところでは、アートに代表される「文化」を作ることでうまくいっている地域があります。クリエイティブな人材が自由に動きやすい「文化」を持っている場所では、人と人との出会いから偶発的に生まれてくるアイデアが地域創生の源泉となっているところです。
 徳島だと神山町がありますし、瀬戸内芸術祭で注目を浴びた島々も部分的にそうでしょうし、高知県の土佐町なんかも挙げられます。全国に目を向ければ、そういう地域はたくさんあります。地域創生の取り組みが進んでいる地域は、これからどんどん面白くなってくると思いますよ。
kamikatu1602

上勝に移住者が増えている理由

酒井:最近雑誌でも「移住」をテーマにした記事が多く、移住ブームのようなものを感じます。上勝では移住だけでなく、起業家も増えていると聞きますが、どういった理由からでしょうか?

大西:上勝では2012年から4年間で約20の事業が立ち上がっています。普通ならば、移住するだけでもハードルが高いのに、さらに移住先で起業するとなると、大変だと思います。上勝だと、まずは、「どうにかなる」「やっていけそう」と思える、手助けしてくれる文化と仕組みがあります。これはこれまでの街づくりのなかで生まれたものだと思っています。
 さらに、幾つかの仕組みを作りました。移住先で空き家を探すのは大変なので、空き交番をリノベして、移住者が気軽に住めるシェアハウスを作りました。次に、築200年近い古民家を改装し、日替わりで模擬起業ができるシェアカフェを作りました。その仕組みで経験を積んだ方が、町内外で起業していきました。こうした仕組みが、移住・起業を行ううえで一定の効果を出していると思います。
kamikatu1605
 加えて、地域おこし協力隊制度も活用し、こちらでビジネスがある程度見込める分野を設定し、それに見合った人を逆指名している仕組みです。この手法で、キャンプ場での起業が生まれました。同じように、レストランとゲストハウスを組み込んだ形で町と協力して古民家を再生し、宿泊のできるイタリアンレストランが誕生しました。
 こういった一つ一つの積み重ねを、温泉周辺に集積させ、顧客導線が自然発生するような全体最適したデザインを行いました。
kamikatu1603

移住・起業で成功するポイント

酒井:大西さんは起業家育成に力を入れて取り組んでおり、地域に移住して起業する事例をたくさん見てきたと思いますが、その成功のポイントってありますか?

大西: 起業を行う上で最も大きな課題は、資金調達と集客ですが、このふたつを我々がサポートすることで起業へのハードルはぐっと下がると思います。
それでも、行き当たりばったりではうまくいかないので、自分でしっかり仮説を立てて検証することは必要だと思います。ソシオデザインでは、このあたりのノウハウも持っているので、地域で起業したいという方は是非上勝町に来て欲しいですね。
kamikatu1604

終わりに

大西さんの話は、地域創生の最前線で動いているだけあって、興味深い話ばかりでした。
地域の特徴をしっかり把握し、その特徴をどのように活かせば地域が創生されるか。
大西さんは、その戦略をしっかり持っていて、具体的な事業に次々に落とし込んでいる。こういう方が地域にいると、移住者にとっては本当にありがたいと思います。
上勝、これからも注目していきたい地域ですね〜。

2016-06-12 | Posted in クリエイターNo Comments » 

 

Coffee & Bread in PARLAND

parland061002

Coffee & Bread in PARLAND

6/26(Sun) 、パーランドさんとコラボイベントします。

素材にこだわったパーランドのコーヒーとcoboto bakeryのパン
そのシンプルで贅沢な組み合わせを楽しんでもらいたいと思い、パーランドさんとこのイベントを企画しました。

テラスでcoboto bakeryのパンの販売する他、
パーランド店内でcoboto bakeryのパンを召し上がったいただけます。
パンのリベイクなどは、カフェ霑のスタッフのまいちゃんが担当してくれます。

詳細はこれから詰めていく予定ですので、詳細は聞かないでくださいね。
parland061001

イベントのチラシは、先日パーランドさんで撮影したものを使用して即席で作りました。
印刷会社で印刷する予定はないので、ウェブ上のチラシ(PDF)を見ていただけたらと思います。

日時:6/26(Sun) 11:30から
場所:PARLAND COFFEE
〒670-0871
兵庫県姫路市伊伝居8
http://www.cafe-parland.com

2016-06-09 | Posted in イベント・出店などNo Comments » 

 

Wa-no×Rica~sound yoga~@ゆるん堂

wanorica061901

Wa-no×Rica~sound yoga~@ゆるん堂

Wa-noくんのライブとRicaちゃんのヨガが6月19日にゆるん堂で行われるってことで、割り込み出店させていただくことになりました。
ゆるん堂の空間で、Wa-noくんのギター聴いて、Ricaちゃんのヨガを習えるなんて、なんて贅沢な時間なんだー。
しばらく会えてなくて、早く会いたいなぁと思ってたのでうれしいです。
当日はゆるん堂内でパン販売してますので、遊びに来てくださいね。

城下町 龍野の古民家で音ヨガ。

リラックスできる生の音を聴きながら、ゆったりと身体を動かしませんか?
音を耳からだけでなく、振動で感じることができ、身体が不思議な感覚になります。音が与えるリラクゼーション効果を体験してみてください!

【日時】
 2016年6月19日(日)
 1部 10:30~11:45
 2部 15:00~16:15
 wa-noソロLIVE 17:00~

【会場】
 ゆるん堂(たつの市)

【定員】
 ヨガ 8名

【参加料金】
 ・1部or2部どちらか 3,500円
 ・1部+2部参加   6,500円
 ・ライブのみ     1,500円
 ・1部+2部+ライブ 7,000円  

  マットレンタル 200円

【申込】
 まず詳細をfacebookページでご確認いただき
 https://www.facebook.com/events/1727823164155166/
 facebookメッセージでRicayogaまたはRica本人まで。
 またはゆるん堂 080-8511-5344  unity06030621@gmail.comにご連絡ください。
 ※参加予定ボタンでは申込完了となりません。上記にご連絡ください。

 ゆるん堂は当日12:00~14:30 ランチタイム営業いたします。 
wanorica061902

2016-06-08 | Posted in イベント・出店などNo Comments » 

 

パン納品の曜日変更

2018060701
今月から各店舗へのパン納品の曜日が、日曜日から土曜日に変更になります。

第2土曜日はfarmar’s kitchen CODOMO、小豆堂、Bio-labo Seedz
第4土曜日はfarmar’s kitchen CODOMO、 野菜食堂めぐみカフェ 、time blue
となります。

また、Bio-labo Seedzさんは、今まではランチ用のカンパーニュのみでしたが、定番パンの販売も6月11日(土)から開始になります。
seeds04

MAHO-ROBA -forest-さんへは今まで通り、パンがなくなり次第、追加で納品する形です。
K’sデザインさんは前回好評だったため、6月 19日 (日)も納品させていただく予定です。
あと、カエモンさんとラクソンさんはしばらくお休みする予定です。よろしくお願いします。

2016-06-07 | Posted in パンについてNo Comments » 

 

地域で働く新しい形(淡路)

シマトワークスの富田さんと山田屋の山田さん。
淡路で面白い企画やってるなーと思ったら、このお二人が関わっていることが非常に多くて興味津々に。物件情報を聞きに行く流れで、淡路のキーパーソン二人に、地域で働くことについて、お話を伺ってきました。

登場人物

awaji0603
(写真右)株式会社シマトワークス 代表 富田祐介さん:東京で建築家として経験を積んだ後、淡路に移住し「淡路はたらくカタチ研究島」の立ち上げに携わる。その後も様々な企画を実現している。http://shimatoworks.jp
(写真左)淡路島山田屋 園長 山田 修平さん:滋賀でブルーベリーの観光農園をしていたが、2012年に淡路島に移住し、いちごの栽培とジャム作りを始める。http://awaji-yamadaya.com

小豆堂 店主 水谷藍子さん:大阪でウェブを中心に骨董品を扱っていたが、淡路島に移住してすぐに実店舗を作る。
http://www.komamedou.com
coboto bakery 店主 酒井:パン作りなどを通じて農家を応援したいと考えている。自身の働くスタイルや店舗をどこに構えるかを検討中。http://cobotobakery.com

淡路への移住者3人と集合

awaji0601
お二人との集合場所に伺う前にこの方と合流。骨董品屋の小豆堂を営んでいる水谷藍子
さん。月一回のパンの日で、コボトベーカリーのパンを扱っていただいています。
合流後、海沿いに車を走らせて10分ほど。山をズンズン登っていき、不安になってきたくらいで、山田屋さんのいちご園に到着。お目当のお二人、すでにハウスの中で待ってくださってました。
awaji0602

地域で働く新しい形を提案したい

awaji0604
酒井:富田さんは淡路に来てから様々な企画を実現させていますが、どのようにしてそのノウハウを身につけたのですか?
富田:建築と企画って似ているところがあるんです。なぜかというと、建築をやっていると、計画やコンセプト作り、施工・設備設計・行政との折衝などを管理することが必須になってくるので、自然とそのノウハウが身につくんですが、それが地域での企画提案に応用できるんです。

酒井:なぜ移住してまで淡路はたらくカタチ研究島を立ちあげたかったんですか?
富田:淡路には良いものがたくさんあるので、それらをブランディングして売れる商品やサービスをどのようにして作り、どのように売るのかを本気で考えるような場を作りたいと思ったんです。都会で大企業に勤めていれば幸せというライフモデルではもうなくなっていると、誰もが気付いていると思うんです。そういう中で、地域で働くという形を提案したいという気持ちが強かったんです。

水谷:淡路はたらくカタチ研究島がハタラボ島になったんですか?
富田:はたらくカタチは国の委託金で行っていた事業なので、その期間が終われば解散することは決まっていました。ですが、関わったみんなが、このまま終わらせてしまっていいのか、と思っていました。そこで、ハタラボ島というのを立ち上げ、ノマド村を使ったはたらく拠点づくりを行ったり、企業内研修を請け負ってはたらく力を伸ばす事業などを行っています。

ジャムを通じて地域に貢献していきたい

awaji0605
酒井:観光農園だけじゃなく、ジャムを作りを始めた理由は?
山田:地元農家さんの規格外商品をジャムとして扱うことで、その農家さんを紹介したいという思いがあったからです。
酒井:お二人は共同企画としてジャムセッションなどのイベントを企画していますが、お二人がつながったきっかけは?
山田:元々摘み取り園だけでは面白くない、何かもっと面白い企画をしたいと考えてたので、富田さんに声をかけたのがきっかけです。
そうした企画を行っていく中で地域とのつながりも深くなってきて、地元農家さんと一緒に小麦を育てたり、養蜂をしたり、できることが増えてきました。できることなら、数年後にはこの地域全体を観光地としてブランディングしていきたいと、地元農家さんと話しています。

終わりに

awaji0606
インタビューを終えると、お二人が現在関わっている小麦畑や養蜂の現場に案内してくれました。数年後、この地域に広がっている耕作放棄地を畑として復活させ、多くの人が訪れるような観光地を作りたいとのことですが、この二人が協力すれば確実にその未来が実現しそうな気がしました。
awaji0607
awaji0608

(取材・文:coboto bakery 酒井)

2016-06-06 | Posted in クリエイターNo Comments » 

 

パーランドでイベントの写真撮影

tatsuno0530昨日は物件候補地の一つ、龍野へ。
やっぱりいい町並み。写真を撮りたくなるような町並みって、なかなか出会わないですもんね〜。
龍野の方ともいろいろつながりができてきました。

パーランドでパンイベントの写真撮影

2018053101
で、今日は姫路のパーランドさんでパンイベントの写真撮影。
ランチ時には平日なのにお客さんがたくさん。
その横で、パシャパシャ何枚も写真撮らせてもらいました。気が散りますよね。お客さん、ごめんなさーい。
撮影後、「Sorali」のyukoさん、 「ぴなり」の恭子さん親子がたまたまお店に来られて、さらに打ち合わせのために夕雲舎の池島くんも加わり、賑やか過ぎてしまいました。たびたびお客さん、ごめんなさ〜い。
イベントの詳細は後日アップいたします。

レンガソウコマルシェの日時

で、訂正ですが、6月5日(日)レンガソウコマルシェ、前回の記事でイベント開始時間を「8時」って書きましたが、11時からの間違いでした。開始時間めっちゃ早いイベントやなぁと思ってましたけど、そりゃ、8時はないですね。
レンガソウコマルシェ
日時:6月5日(日) 11:00~16:00
会場:神戸煉瓦倉庫広場
http://kobe-redbrick.com/category/marche/

K&R designマーケットへの納品

krdesignmarche
さらに6月5日(日)はK&R Designさんのマーケットにパンを納品いたします。
スタイリスト、作家さん、shopオーナーの方々が参加されるそうで、とても楽しそうなマルシェです。
大阪にお住いの方、遊びに行ってみてくださいね。

K&R design research institute
553-0003 大阪市福島区福島8-19-1

2016-05-31 | Posted in イベント・出店などNo Comments » 

 

煉瓦倉庫マルシェ 6月5日

2018052004
5月 29日の日曜日はmaho robaさんに納品です。
で、日曜日のサンデーマーケット、晴のち雨という、なんとも微妙な天気予報ですが開催決定です。
10時から開始ですが、前回は10時には結構並んでいただいていたので、早めにお越しいただいたほうがいいかもしれません。

サンデーマーケット姫路
https://www.facebook.com/senbagawasundaymarket/?fref=ts

で、翌週6月5日(日)は煉瓦倉庫マルシェに初出店いたします。
初ですが、知った方ががチラホラいてるみたいなので一安心。

日時:6月5日(日) 11:00~16:00
会場:神戸煉瓦倉庫広場

http://kobe-redbrick.com/

2018050603

煉瓦倉庫マルシェの内容

「作り手が見える、会える、話せるマルシェ」をモットーに、兵庫県の地場産業や伝統工芸、特産品や特産物など、県内のこだわりのモノを集めた「ひょうごいいもの発見市」。パンの街神戸を中心に、兵庫県内のこだわりのパン屋さんが集まる「HARBOR BAKERY」。無農薬・有機野菜をはじめ、オーガニック食材や日用品が集まる「ORGANIC TERRACE」。の3つのイベントを煉瓦倉庫広場や海沿いのオープンテラスで、過ごしやすい季節の第一日曜日に同時開催しています。

出店者予定

ORGANIC TERRACEの出店者
・coboto bakery (天然酵母パン)
・yamsai さん (野菜)
・l’accent さん (フランス輸入食材ーレモネード・焼き菓子・ジェラート)
・ボングー宝塚 さん(カレー)
・Atelier Adrable さん(焼き菓子)
・グリーンコープ さん(食品)
・FIL COFFEE(コーヒー)となっております。

ひょうごいいもの発見市の出店者
・淡路八百屋番長(野菜)
・wamon(地下足袋)
・FOGMOG(ロールケーキ)
・かばくんカレー(カレー)です。

ハーバーベーカリーの出店者
・BAKERY 89 さん
・A bakery さん
・torico. さん 

2016-05-27 | Posted in イベント・出店などNo Comments » 

 

6月からの出店予定

2018052101
朝からライティングセットを取り出して、パンの写真を撮ってました。
ボツ写真だけど、こんな感じの写真。
久しぶりだったので、レフ板のたたみ方を忘れてしまい、片付けがかなり手間どりましたが。

さて、来週5.29(日)はサンデーマーケットに出店(姫路京口)です。
いつも瞬殺で完売するからということで、cobotobakeryは10時から13時までで、午後からは「らくだ」さんが天然酵母パンを販売されます。今回も完売すればいいですけど。
で、いつもバタバタしまくるので、今回は仲良くなったお客さんが販売スタッフとして手伝ってくれます。助かる〜。うれしい〜。

6月からの出店ですが、6/5はハーバーベーカリー(神戸ハーバーランド)、6/19 Rica Yoga@ゆるん堂(たつの市)、7/10タネからのメッセージ(西宮)を予定しています。詳細は追ってブログに書きます。
それ以外に、つながりのあるカフェでパン販売を企画しています。
こちらは少し料理できるような人と組めたら、ケータリングとかもできていろいろ楽しそうだなぁと思うので、もし興味ある方はご連絡くださいませ。

まずは来週、姫路でお会いしましょ〜。

サンデーマーケット
日時 2016.5.29(日) 10時から15時
会場は播但線京口駅前 京口公園
京口駅(姫路市城東町字北神屋418番地2)の西側すぐです
http://tekuteku-himeji.com/archives/6558
2016-05-22 | Posted in イベント・出店などNo Comments » 

 

まずは農家の友達を作ろう~

inoue01
昨年の「いただきます映画祭」のトークセッションで、「安心できる食を求めるならまずは農家の友達を作りましょ~」って何度も連呼しましたが、トークの時は時間が足りなかったので、ちょっと補足して記事に書いてみました。

僕の周りは、小麦農家以外にも、米や野菜、果樹を作ってる農家さんがいて、たくさんの農家と繋がっています。
時々、「農家さんの知り合い、めっちゃ多いですよね~」と言われることがありますが、僕は農家の家系じゃないし、大人になるまで農家の知り合いは一人もいなかったどころか、田んぼに入ったこともありませんでした。

農家の友達を探したきっかけ

環境問題に関心があった僕は、辻 信一さんの『スロー・イズ・ビューティフル』、槌田劭(つちだたかし)さんの『未来へつなぐ農的くらし』、生源寺 眞一 さんの『日本農業の真実』などを読み漁るうち、農業への関心がどんどん強まり、農家さんと知り合いになれたらなぁと思うようになりました。
そこで、農家さんと繋がれるような場があれば、積極的に顔を出すようになり、そして初めて知り合いになれたのが井上農園の井上陽平さんでした。


井上農園さんへの援農

井上さんは同年代なのに、知り合った時には既に有機農業をやり始めて数年経過していました。
環境問題に関心の強かった井上さんは、大学を卒業して、すぐに有機農業の世界に飛び込んだそうです。行動力、すごいっ。
井上さんと知り合いになってから、何度も井上さんの畑がある丹波に足を運ぶようになりました。井上さんは、今まで農作業を一切やったことのない、全くのど素人も快く受け入れてくれました。
日々自然と対峙し、命を育んでいる井上さんは、同年代とは思えないほど大人びていたし、尊敬できるところばかり。農作業を手伝わせてもらうたびに学びがありました。こういう学びは本やネットを見てるだけじゃ、絶対分からないことです。
inoue03

生産の現場に足を運ぶ大切さ

だれもが食の安全・安心を求めていると思いますが、今の消費者・生産者の関係性・距離間では、その実現は難しいと思います。消費者が遠い場所から、「安全な食を提供して〜」「オーガニックで〜」って言っても、生産者には正しく伝わりません。消費者がまず一歩踏み出し、生産の現場に足を運ぶことがスタートになるはずです。
実際に畑に出て、農家さんと一緒に農作業しながら話をすれば、安全安心な食のためには何が必要か、次第に分かってくると思うのです。
ですので、農や食に関心を持ち始めた人には、本を読むのもいいけど、農家の友達、知り合いを作るように勧めています。
これから夏にかけて、農作業が本格化する季節です。マルシェなどに出かけて、農家の友達を作って、農作業を手伝いにいきましょ~。
あ、もちろん、農家さんの都合があるので、「友達になってくれ~」ってゴリゴリに要望するのは止めましょ~。分かってるって?

井上農園さんのお野菜について

inoue02
さて、井上さんの美味しいお野菜は、愛農人、めぐみカフェなどでご購入できるほか、個人のお客さん向けに、野菜セットの宅配もされています。またアレルギーの問題と向き合う中で作り上げた加工品などもあるそうです。気になる方は、井上農園さんに問い合わせてくださいませ。

井上農園 井上陽平
兵庫県丹波市氷上町鴨内150
0795-82-0310(fax可)
inoue_noen_2010@yahoo.co.jp

2016-05-17 | Posted in 生き方・ビジネス・食No Comments » 

 

1 28 29 30 31 32 33 34 35