blog

生き方・働き方のトークイベントに参加します

生き方・働き方のトークイベントに参加します

(はじめに)

この3日間は、オープン前からほんとにたくさんのお客さんが並んでくださり、パンがどんどんなくなっていきました。常連様もさらに増えたので、口コミで広まってる感じですかねー。ありがたいことです。

クロワッサン、今週はブレが比較的少なくて、いい感じに焼き上がってました。やっぱ成形方法を変えて良かったのかも。
明日火曜日は食パン勉強会ですね。今週は全然休みがとれなくてバタバタになると思いますが、来週は少しゆっくりできるかなと。

生き方・働き方のトークイベント

さて、神戸のにしむら珈琲さんで行われる「生き方・働き方のトークイベント」に参加します。知り合いの主催の方に声をかけていただき、イベントに登壇することになったんですが、ほかの登壇者がほぼ知ってる人という。イベントのチラシ、お店に置いおきますのでご興味ある方は手にとってくださいませ。

パン屋開業のアドバイスをいただいた「アミーンズオーブン」のミシマさん、アースデイ神戸というイベントを一緒に主催していた「ココウェル」の水井さん、農・食の分野で若くして起業した「タベモノガタリ」の竹下さん。
尊敬と憧れの眼差しで見ていた方々とトークできるなんて光栄ですっ。

才能も勇気もない僕には起業なんて無理だし、つまらない仕事を一生やるしかないんだろうなと思ってました。が、まさか自分が好きなことを仕事にして、生き方・働き方についてトークする日が来るとはっ。
働き方改革が進む中、大手企業は40代社員をどんどんリストラしていき、定年も実質なくなって一生働く時代になっていくと言われています。
皆さんはどんな生き方・働き方を選んでますか?イベント当日、いろいろお話ししましょー。

イベント概要

(日時・場所)日時:2月19日(水)16:00 ~ 17:30 ・にしむら珈琲御影店 フレンドサロン

(連絡先・申込先)TEL:070-4806-7524 メール:yoshikokugimiya@kobe-nishimura.jp

2020-01-27 | Posted in イベント・出店などComments Closed 

 

coboto 2020年2月スケジュール

coboto 2020年2月スケジュール


いよいよ決算書作りに取りかかってますっ。
この時期はやることがめちゃくちゃ増えますが、一年間の動きが数字で見えるので面白いですねー。
で、もう2月が間近っ。早過ぎる。

バターサンドとシュトーレン・ショコラの販売について

レーズンバターサンドは今週金曜日の9時から電話予約始めますが、仕込みしながらなので、すぐに電話とれないかもしれません。販売数が少ないのですぐ埋まっちゃいそうですが、2月にも販売予定です。
シュトーレン・ショコラは本日からネット販売再開し、来週末には尼崎のnatural marche HareBare(@naturalmarcheharebare)さんに発送いたしますよ。

2020年2月スケジュール

2月は働き方・生き方をテーマにしたトークイベントに参加します(2月19日 神戸にて)。他に参加する先輩や友人たちが豪華すぎるっ。僕、要らないんじゃないだろうか・・・。
写真講座の依頼も来てるけど、どうなるのかなぁ。

2月も基本的に土曜日から月曜日までオープンの予定です。よろしくお願いします。

2020-01-22 | Posted in お店、店づくりについてComments Closed 

 

電子申告・帳簿で節税しよう(青色申告特別控除)

電子申告・帳簿で節税しよう(青色申告特別控除)

(はじめに)


ようやく休日。週末は全然チェックできないSNSをざーっと流し読みしたり、新しいレシピを考えたり。
クロワッサンの成形変えて、前より安定したけど、まだブレますねー。うーん。
バターサンド、ネットショップ分は完売しました。店頭販売分は金曜日に電話予約お願いします。

さて、タイトルの税制改正についていろいろ調べてます。
難しいけど、面白い〜。国がこれから何を進めようとしているのか、じゃあ僕たち事業者はどうすればいいか分かりますもんねー。
インボイスの登録はいよいよ来年(2021年)からですが、今年もいくつか改正されますよ。

個人で事業やってる方のほとんどが青色申告制度を利用していると思いますが、そこが改正されます。
「青色申告特別控除」は所得金額から65万円も控除してくれる、とってもありがたい制度。なんと、その控除額が減額されますっ。
「えーー!なんでやねん」って思いますが、結果として得する方法もあるみたいです。
では、具体的にみていきましょー。

(青色申告特別控除額と基礎控除額の変更)

2020年(令和2年)から青色申告特別控除額が、現行の65万円 から55万円に引き下げられます(増税)。
と同時に基礎控除額が現行の38 万円から改正後 48 万円に引き下げられます(減税)。(高額所得者は除く)
ってことで、10万円控除額が増えて、10万円控除額が減るのでプラスマイナス0で、何も変わらないってことです。
「なんやそれっ。」と思いますが、もう一つ改正ポイントががあるんですっ。

(青色申告特別控除額をアップできる)


55万円に引き下げられた青色申告特別控除額を再び65万円にアップできる方法があります。
その方法は二つあって、一つはe-Taxによる電子申告、もう一つは電子帳簿保存です。
e-Taxはネットによる確定申告ですが、マイナンバーカードとカードリーダーが必要になります。
マイナンバーカード、あれだけ莫大な予算を注ぎ込んだわりに普及率はたった14%くらいらしいです。なので今回の改正や、今後予定されるマイナポイントなどに絡めてくるわけですね。
で、もう一つが電子帳簿保存です。ここは税務署の方もよく分かってませんでした・・・。ご自身が利用している会計ソフトが電子帳簿保存に対応しているかどうか確認し、対応しているのであれば事前に税務署へ申請する必要があります。が、申請書もかなり専門的な内容だったので、e-Taxのほうが簡単だと思います。

2020-01-21 | Posted in 生き方・ビジネス・食Comments Closed 

 

全粒粉のレーズンバターサンドの販売予定について

全粒粉のレーズンバターサンドの販売予定について


今週の営業もなんとか無事に終了しました。スタッフが熱で出れなくなって焦りましたが、急遽別のスタッフさんが駆けつけてくれて、なんとか持ち堪えました。
さて、今週シュトーレン・ショコラの販売はお休みで、代わりにレーズンバターサンドを販売します。「てくてくウィーク2」であっという間に売り切れたバターサンドですが、今回も製造数は少なめです・・・。ショップ営業中に、手作りで少しずつ作っているので、ご了承くださいませ。

ウェブショップは本日から予約開始で、今週金曜日に発送予定です。お任せパンセットとの組み合わせがおすすめですー。
実店舗は25日(土)から販売予定で、すでに何件かご予約いただいています。保冷バッグ・保冷剤セットはプラス100円になりますので、保冷バッグお持ちの方は持参してくださいませ。よろしくお願いします。

ウェブショップでのご注文はBASEで承りますので、下記リンクをクリックしてください。

Web Shop(外部サイト BASE)へ

クロワッサン・フランボワーズ


クロワッサン・フランボワーズですが少しリニューアルして、クロワッサンにホワイトチョコをかけてフランボワーズをトッピングしていますよ。

2020-01-20 | Posted in パンについてComments Closed 

 

BAKING GARAGE HARiMAYAさんを訪ねてきましたよ

BAKING GARAGE HARiMAYAを訪ねてきましたよ

はじめに


InstagramなどのSNSを見てると、実際会ってお話ししたいと思う人に出会います。
今回訪問させていただいたハリマヤの旅田さんもそのお一人。
「わー。かっこいいパン焼く人がいてるなー。」「発酵や生産について、パンに対する向き合い方も似てるなー。」
ぜひ会いたいと思って、連絡をとらせてもらいました。

ハリマヤさん厨房にて

深夜に姫路を出発して朝5時に和歌山のハリマヤに到着。
朝早くの訪問なのに、とても穏やかな表情で迎えてくださり、パン作りの作業をいろいろ見せてくだしさいました。
発酵種はまるで糠床のようなビジュアルで、まろやかな酸味を醸し出してました。

イーストや機械を使って、パンをガチガチにコントロールするんじゃなくて、発酵種の微生物の動きに人間が合わせていくスタイル。なので、やることはたくさんあるんだけど、どこか大らかなペースでパンを焼き上げておられました。

パンの方向性を変えた話など

以前はメロンパンやあんぱんなど、いわゆる街のパン屋さんのメニュー展開でしたが、思うところがあり、本当に自分が作りたいパンにシフトしていったそうです。今までついてたお客さんが離れていくことに対する不安はあったそうですが、『CRAFT BAKERIES』に掲載されているパン職人たちの思いが後押しになって、パンのメニューを絞ったとのことでした。ざっと読ませていただきましたが、確かにいい本ですねー。

そのあとも、クロワッサンやカルダモンロールなどを次々に焼きながら、いろんな話をしてくださいました。
旅田さんの経歴のお話から、和歌山のパン事情、最近のパン業界の流れなど、アンテナが広く貼りめぐられているので、とにかく話の幅が広くて深い。それでいて、自分の立ち位置はブレてなくて、迷いはもう感じられなかったです。

見た目はごついハード系なのに、食べてみると旨味の周りにまろやかな酸味が感じられる味の構造をもつ旅田さんのパン。
小麦の旨味、発酵の風味、どちらも十分に感じられました。
まだまだお話を伺いたかったけど、お店のオープンの時間になったので、一枚パシャリと撮らせていただいて次の目的地へ。

3ftさんを訪ねてきましたよ


ハリマヤさんを後にして、次は3ftさんへ。
なぜか僕より1週間早く和歌山のパン屋巡りをしてきたスタッフのヒカルちゃん。ヒカルちゃんがシェアしてくれた3ftさんのパンがとても美味しかったので、どんなパン屋さんなのか実際に行ってみたくなりました。
お店の佇まいは、まるでパンのギャラリーのよう。素敵ですねー。
自己紹介しようと思ったら「coboto bakeryさんですか?インスタで見てますよ」とオーナーさんが話しかけてくれました。パンづくりの特徴やら、小麦を自分たちで作り始めていることなど、気さくに教えてくださいました。
ハリマヤさんから3ftさんまでは車で10分程度。この狭いエリアに、こんなに尖ったパン屋さんがあるんですねー。和歌山のパン好きの方、とっても羨ましい環境ですねー。

もっとたくさんの職人さんにお話を伺いたいなー。ま、その前に腕の痛みをなんとかしないと、ですね。

2020-01-15 | Posted in クリエイターComments Closed 

 

シュトーレン・ショコラ2020について

シュトーレン・ショコラ2020について

はじめに


昨日は急にバグったWordPress(ウェブサイト)を修正したり、源泉徴収関係の資料を税務署や市役所に提出したりと、休日なのにやること盛り沢山。税制はインボイス以外にもどんどん変更され、複雑になっていきますねー。個人の飲食店や農家さんにも関係するので、またまとめてみます。

さて、昨年から試作を重ねていましたシュトーレン・ショコラについて、来週よりウェブショップと店頭で販売させていただきます。
オレンジエッセンスを抽出したリキュール(コアントロー)にたっぷりのドライフルーツを染み込ませ、ビターなチョコレート生地と合わせました。
今年のシュトーレン・ショコラは昨年のレシピを大きく変更し、より濃厚でしっとりした大人な発酵菓子に仕上がりました。

これからの寒い季節、温かいコーヒーのお供として最高に合いますし、バレンタインなどの贈り物としてもぴったりだと思います。

シュトーレン・ショコラ2020について

使用原材料:国産小麦、パン酵母、クーベルチュールチョコ、くるみ、ヘーゼルナッツ、発酵バター、豆乳、オレンジピール、ゆずピール、ドライイチジク、ドライアップル、卵、コアントロー、ラム酒、塩、スパイス

価格:2,000円(税込)

生地量:210g(焼成前)

ご予約・発送について

cobotoショップ販売:食パンやハード系のパンと同様、電話による前日予約が可能です。
仕込み作業でバタバタしているため、電話はつながりにくいと思いますが、ご了承くださいませ。

ウェブショップ:1月中旬より毎週焼き上げて順次発送させていただきますので、発送日のご指定はできません。ご注文いただいてから1~2週間を目処に発送いたします。
お受け取りできない日時がある場合は、ご注文の際に備考欄へご記入くださいませ。
時間指定はヤマト運輸の時間指定が選択できます。
ご希望の場合
午前中、14~16時、16~18時、18~20時、19時~21時
の「5区分」のうち、ご都合のよい時間帯を備考欄にご記載くださいませ。

保存方法・食べ方

消費期限は製造後、約1ヶ月ほどです。
食べるときは薄くスライスして、焼かずにお食べくださいませ。
開封後はラップなどで、他の食品の匂いが移らないようにしてから冷暗所(もしくは冷蔵庫)で保存してください。

ウェブショップでのご注文

ウェブショップでのご注文はBASEで承りますので、下記リンクをクリックしてください。

Web Shop(外部サイト BASE)へ

2020-01-08 | Posted in パンについてComments Closed 

 

初売りの3日間と食パン勉強会

初売りの3日間終えました

(はじめに)


2020年初売りの3日間、お客さん来てくれるかなぁと心配でしたが、オープン前からたくさんのお客さんが並んでくださって無事に完売しました。ありがとうございます。
いつも足を運んでくださる常連様や友人・知り合いもたくさん来てくれました。

今年も楽しいことや辛いことなど、いろいろあるでしょうけど、お客さんも温かいし、スタッフもがんばってくれてるから乗り切れると思います。
美味しいパンをたくさんの方に食べていただけるよう努力していきます。よろしくお願いします。

(食パン勉強会について)

昨年末のバゲット勉強会に続き、食パン勉強会やりまーす。クロワッサン勉強会にしようと思ったけど、折り込み作業って見てるだけになるから退屈じゃない?って話になったので、食パンに変更。今回もスタッフ向け勉強会ですが、一般の方も少し参加できるかなと。ご希望の方はお問い合わせくださいませ。

(日時)日時:1月28日(火)8:00 ~ 13:00過ぎ 時間は当日の進行具合で変更する可能性があります。

(内容)湯種有りの食パン、湯種無しの食パン、自家製粉全粒粉の食パンの3種を考えてます。
一人が2本で3種なので、食パンホールを6本持って帰ってもらう感じです。またまたボリューム感すごいっす。

(参加費)スタッフさんは無料。一般の方は5,000円。当日お支払いくださいませ。

(場所)coboto bakeryショップ

(入り口から見るパンの世界)

パンの世界を入り口(農業・生産)から見てる方ってかなり少ないので、そういう職人さんを見つけると一気にテンション上がります。だけどベーカリーの厨房は戦場なので、「会ってお話し聞きたいです」って気軽に言えずにしばらく悩む。今回はどうしても会いたいなぁと思ったので思い切って言ってみたら、相手の方もこっちのことを知ってくれてて、オッケーのお返事。パンの世界って、温かい人が多いなー。ってことで、来週は仕事終えて、深夜1時に和歌山に向けて出発っ。

2020-01-06 | Posted in イベント・出店などComments Closed 

 

2020年 新年の挨拶

2020年 新年の挨拶

新年の挨拶


新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年早々、パンのレシピをあれこれ見直してます。
もっともっとパンを進化させて、より美味しいパンをみなさんに届けたいと思います。

新年のプレゼント


1月の「パンの定期便」の発送時に、フレーバーソルト・フェンネル ブレンド(ミニサイズ)をサービスでつけさせてもらいますね。
フレーバーソルトはハーブの「sorali」さんとのコラボ商品ですが、ハード系パンにぴったりで、僕自身もずっと愛用させてもらってます。

ウェブショップに何件か追加してますので、是非この機会にお申し込みいただけたらうれしいです。

今年の目標

ここ数年で新しいパン屋さんは各地で増えてるけど、小麦農家さんは近隣で一人も増えてないと思う。(もし関西でいらっしゃったら会いにいきたいので、教えてほしいですー。)
品質を確保して、収量を安定させ、選別・製粉・保管・流通を適切にしようと思うと、投資額もすごいことになるもんね。
けど、生産がすっぽり抜けたパンの世界って魅力がないので、小麦の生産の部分にちょっとずつでも関わっていきたいな。
なので、今年も畑に行く機会を増やしたいなと思います。

あとはやっぱり製造を任せられる人を増やしたいなーと。スタッフ希望の方はご相談くださいませ。こっちも長期的な目標だけど。

さ、新年は明日2日から仕込みを始めて、1月4日(土)から営業開始です。
今年もよろしくお願いいたします。

2020-01-01 | Posted in パンについてComments Closed 

 

仕事は自分に向き合う手段

仕事は自分に向き合う手段

はじめに


年末は地味に経理・決算事務をしています。
数字を見るとすぐ疲れるので、コーヒー飲みながら「仕事ってなんだろうなー」って考えてます。
先日もヒヨリブロートのくみちゃんと「仕事について」のメッセし合ったあと、昔のことをぼんやり思い出してました。

仕事に対する勘違い時期

「好きなことを仕事にしたい。」
「だけど僕には無理だろう。」
就職して約10年、ずっとその繰り返しでした。

次第に、周りの友人は自分で起業し始め、どんどん成長していく。
その姿に刺激を受けて、「自分もいつかは」って思うけど、日常の仕事に埋もれていると「やっぱ僕には無理だわ。安定を捨てて失敗するなんて、恥ずかしすぎるわ。周りの人が言うように、生活のため、老後のために、今を犠牲にして働くのが仕事やもんな」という考えに落ち着く。

だけど、しばらくしてふと自分に問う。
「面白くもない、たいして人の役にも立たないような仕事を死ぬまでやるの?僕はそのために生きてるの?」
何か答えが欲しくて、起業についてのハウツー本など読みあさってみたものの、インプットだけしても何も意味はなかった。自分の位置は、本を読む前と一つも変わってない。

自分で考えて自分で行動して自分で責任をとる

今、好きなことを仕事にするようになって、仕事にたいする価値観も変わった。
自分と全く違う価値観・レベルの人が書いたハウツー本には、自分が探している答えなんてなかったし、ほとんど意味がなかったなぁと思う。

答えは誰かが教えてくれるものじゃなくて、自分自身で考えて、自分で行動して、失敗を繰り返して見つけていくものだと思う。
未来がハッピーエンドかバッドエンドになるのか分からないけど、少なくとも仕事を通じて、自分だけのオリジナルストーリーを書き始めることができた。
そのストーリーでは生産者さんやお客さんをちょっとでも幸せにしていきたいし、素晴らしい仕事をしている人とたくさん出会っていけたらなと思う。
仕事は単に儲けるための手段ではなく、自分と向き合う手段、もっといえば自分の人生を生きるための手段なのかなと感じる。ま、お店初めてまだ1年半ほどなので、また考えも変わるでしょうけど。

そのほか

ってことで、今年も終わりが近づいてます。
今年もほんといろいろありました。良いこともたくさんあったし、本気で落ち込んだことも何度かありました。
だけど、いつも支えてくれるお客様やスタッフの皆さんのおかげで、2回目の年越しができそうです。本当にありがとうございました。

で、来年の1月中旬頃(火曜日)にクロワッサンか食パンの勉強会をしようと思ってます。初めはクロワッサンの折り込み回数による比較をテーマにしようと思ったけど、折込から成形までほぼ見るだけなので、面白くないかなーと。
食パンの湯種の有無による比較のほうが、作業も一緒にできるし、いいかなぁ。
スタッフさん、参加希望の方、ご意見あれば教えてくださいませー。

2019-12-31 | Posted in 生き方・ビジネス・食Comments Closed 

 

インボイス対策としてお店側(買い手)ができること

インボイス対策としてお店側(買い手)ができること

(はじめに)


先日「消費税簡易課税制度選択届出書」を税務署に提出してきました。
事業をしてない人はなんのこっちゃでしょうが、これがインボイス制度から農家などの作り手を守る唯一の方法になると思います。ただ、この方法には注意点があるし、効果も限定的なので説明が必要ですが。

インボイス制度が副業・個人事業に与える影響などについて、今まで2回記載しましたが、そのポイントをざっくりまとめると

・今後、仕入れ税額控除をするには適格請求書発行事業者の申請・登録が必要になりますよー
・農家や作家、パン職人などの免税事業者は消費税や経理事務負担が増えますよー
・そのためにはビジネスのやり方や経理システムを変更する必要がありますよー

ってことで、制度の概要や作り手(売り手)としてできることを書いてきたので、次は、作り手から納品を受ける「お店側(買い手)としての対応」を考えていきましょー。

(過去記事)
インボイス対策として作り手(農家、作家、パン職人など)ができること
副業・個人事業を排除するインボイス制度の衝撃を考える

(適格請求書発行事業者に登録してもらう)

消費税の仕入れ税額控除を行うには、適格請求書発行事業者の発行する請求書が必須になるので、農家などの作り手に対してその旨を説明し、適格請求書発行事業者に登録してもらう。
これが、インボイス制度に基づいた一般的なやり方でしょう。ただ、このやり方だと前回の記事にあるとおり、農家などの作り手は課税事業者となり、大きな負担が増えることになります。

(消費税簡易課税方式を選択する)


それを避けるためには、お店側(買い手)は「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出する必要があります。この届出を行えば、農家などの作り手が適格請求書ではなく、従来の請求書であっても、仕入れ税額控除を行うことができるのです。
「簡易課税方式」とは消費税額計算の一つの方法ですが、名前の通り、簡易に税額計算する方法です。本来は仕入れ取引全てを記録し、そこから仕入に対する消費税額を計算する必要があります。(これを本則課税方式(もしくは原則課税)と言います。)
ただ、この方法はかなり事務負担が増えてしまうので、事務の簡素化を図るために設けられているのが「簡易課税方式」です。

(簡易課税方式だとインボイス制度の負担が避けられる理由)

「簡易課税方式」では仕入れ取引にかかる消費税額を計算する必要はなく、売上に対する消費税額にみなし仕入率をかけることで、納税する消費税額を算出します。みなし仕入率は業種ごとに決まっているもので、例えば卸売業だったら90%、製造業だったら70%といった具合です。

ではなぜ「簡易課税方式」だとインボイス制度に基づく適格請求書が不要になるのでしょうか?
そもそも「インボイス制度」というのは、「軽減税率制度」における複数税率に対応した仕入税額控除の方式として導入されるものですが、「簡易課税制度」は仕入率が業種ごとに一律に決まっており、実際の仕入れにおける消費税額を算出する必要がないからです。で、繰り返しになりますが、この「簡易課税方式」が、作り手(売り手)の新たな負担を避ける唯一の手段となります。
この「簡易課税方式」を選択するには「課税売上高が5,000万以下」であることが必要になります。社員を何人も雇用しているところや法人成りしているお店は、5,000万以上いってるところも多いので、そういうお店は「簡易課税方式」は選択できません。

(簡易課税方式の注意点)


「簡易課税方式」を選択すれば、何も問題がないわけではなく、当然デメリットもあるので、インボイス対策で何がなんでも「簡易課税方式」を採用するのも違うと思います。さらに言うと、「簡易課税方式」は会計検査院により指摘が入っているので、ここで書いているやり方がずっと有効かも分かりません。
また、作り手(売り手)から見ると、買い手のお店が「簡易課税方式」を採ってるかどうかなんか分からないですし、そうでなければやはり課税業者にならざるを得ません。そのためには売り上げを大幅に上げないと対応できないですが、それには時間が必要になります。なので、早めにこの制度について真剣に考えないといけないと思うのです。

もちろん益税の問題は大きいと感じますが、だからといって消費税増税で景気が冷え切ったこのタイミングでやるかねー。
作り手(売り手)にとっては致命的な負担になりかねないインボイス制度、これから税務署主催の勉強会が増えていくと思いますが、coboto bakeryも勉強会主催できると思うので、ご希望あれば連絡くださいませー。

2019-12-29 | Posted in 生き方・ビジネス・食Comments Closed 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 52