「喫茶月森」・「音楽とパンの出会い」

スポンサーリンク

「コボトベーカリー 出張パン屋 in 喫茶 月森」のリーフレット

resonance2017blog01

コボトベーカリー 出張パン屋 in 喫茶 月森」のリーフレットが刷り上がったので、六甲エリアのショップ散歩しながら
、「レピス」「フクギドウ」「六珈」「Vestita」「MONTO TABLE」「matca(マトカ)」さんにリーフレットを配付しました。
ご協力いただいてありがとうございました。やっぱり六甲には素敵なお店が多いですね。
気になってたお店、ほかにもあったのですが、この日はなかなか暑くて途中で断念しました。

コボトベーカリー 出張パン屋 in 喫茶 月森、7.16(日)12:00〜です。よろしくお願いします。

resonance2017blog02

音楽とパンの出会い

最後に寄ったmatca(マトカ)さんでお茶をしてると、オーナーが隣のお客さんに出張パン屋のリーフレットを渡してくれたので、その方に挨拶させていただきました。
そのお客さんが「私たちは音楽レーベルを立ち上げて事業を行なっているんです。」とおっしゃったとき、matcaさんが「どれも素敵なコンピレーション・アルバムなんです。」とCDを見せてくれました。
「え。ちょっと待ってください。このコンピレーション、めっちゃ好きで、僕も持ってますよ。」

BEAU PAYSAGE Pinot Noir 2015との出会い

僕がそのコンピレーション・アルバム『BEAU PAYSAGE Pinot Noir 2015』と出会ったのは、初めて「MONTO TABLE」さんに伺った時。
オーナーの川浪さんと小麦や食について、話をさせていただいた後、『Landscape With A Fairy』という曲が店内に流れて、「あ、この曲、どこかで聴いて気になってた曲。やっぱりいいな。」と思って、その曲が入っているアルバムについて調べてみました。

そのアルバムはresonance musicの吉本宏さんと中正美香さんが、山梨のワイナリーBEAU PAYSAGEがスタートさせた「バタフライ・プロジェクト」の支援のためにつくられたもの。
バタフライ・プロジェクトとは、その食べ物が「誰が、どういう考えで、どのようにつくられたのか」を、誰でも簡単に分かるようにしようという活動。
音楽を通じて食を応援する活動に共感して、すぐにウェブショップでアルバムを購入しました。
その後、MONTO TABLEさんと一緒に行ったイベント「Farm Gathering」でも『BEAU PAYSAGE Pinot Noir 2015』をかけさせていただきました。

食・農を音楽・パン・デザインで表現する

そういった経緯についてや、お互いの食に対する想い、その想いを伝える表現手段について、お二人といろいろお話しさせていただきました。どの話も共感できることばかりで、とても感動しました。
別れ際、BEAU PAYSAGEのアルバムを手にした吉本宏さんと中正美香さんを撮影させていただきました。
BEAU PAYSAGE のCDブックは、resonance musicのオンラインショップからご購入いただけますよ。

resonance2017blog04

resonance2017blog05

「音楽とパンの出会い」を演出してくれたmatcaさん、ほんとにありがとうございました。
resonance2017blog07

スポンサーリンク
2017-07-08 | Posted in creatorComments Closed 

関連記事