vision

生産者と消費者の想いをつなぐこと

vision001

日本にはたくさんのパン屋がありますが、パンを食べることを通じて、パン・食の裏側を支えている生産者の顔や想いを知ることは、ほとんどありません。
ですが、僕の住んでいる関西エリアにも、食べる人の安全安心を願い、丁寧に小麦を作っておられる小麦農家や、有機・無農薬で野菜を作っている生産者がたくさんいらっしゃいます。
パンを食べてもらうことで、作る人(生産者)の想いを、よりたくさんの食べる人(消費者)に伝えていきます。

食・農の形を未来につなげていきたい

vision002

もう一つのビジョンは食・農の形を未来世代につなぐこと、です。

生産者と話をしていると、「小麦を作りたい」、「オーガニックの野菜を作りたい」という声は増えていますが、その生産物を積極的に使いたいというパン屋やレストランは増えていないと思います。

結果として、国産小麦の生産量は減る、就農してもすぐ農家を辞める、荒れた農地がどんどん増える、といった状況になっています。
今のままでは、安心できるパン文化や食・農の形を、未来世代につなぐことはできないでしょう。

長期的なビジョンにはなりますが、作る人と食べる人の関係性をより深くし、そこに飲食店経営者やデザイナー、コミュニティのプロ、土の専門家などにも協力を仰ぎながら、未来の世代につなげられるような食・農の形を作っていきたいと思います。